DJI「Mavic Mini」は航空法規制対象外ギリギリのドローンで購入したくなったよ

コスパが高い

スポンサーリンク


ドローンのトップメーカーDJIから新製品「Mavic Mini」が発表をされました。

先に北米版の「Mavic Mini」を確認していて、そちらの重量は249gでしたので、日本の規制には引っかかる中途半端な重さだなと思っていました。

ところが日本版は航空法規制対象外ギリギリの重さ199g。

航空法の規制があると手続きがなどが面倒ですが、対象外だとトイドローンと同じ扱いで敷居がぐーんと低くなります。

現在私は、RyzeTech社の「Tello」を愛用していますが、100g未満でちょっと外で飛ばすのは厳しいです。

「Mavic Mini」の重さを知って、がぜん購入をして日本や海外の旅に持って行きたくなりました!

スポンサーリンク



ドローンには航空法の規制がある

日本でドローンを飛行させようと思うと、航空法の規制には十分注意をしなければなりません。

メディアからドローンは悪者のような扱いも受けていますし、規制を知らずに違法に飛ばすと有名人になるかもしれませんw

ドローンの規制で最も重要となるのが重量200gの前後で、規制の有無が全く異なること。

航空法では、機体重量が200gを超える場合、航空局(国土交通省)からの許可承認が必要な飛行において、申請が必要になります。

つまり、機体重量が200g未満の場合は、許可を受けるための申請が必要なく、ドローンを飛ばすためのハードルが格段に下がります。

そしてその規制ギリギリの渋い商品が今回DJIから発表された「Marvic Mini」というわけです。

「Mavic Mini」はどんなドローン?

機体重量が199gという航空法の規制ギリギリの「Mavic Mini」ですが、その性能はどうなのでしょうか?

この199gの重量の商品は日本限定モデルで、公式ページでは日本限定モデルのオリジナル動画が公開されています!

「Mavic Mini」のコンセプトはEVERYDAY FLYCAM。

いつでも、どこでも。誰でも楽しめる空飛ぶカメラという思いが込められていますね~

「Mavic Mini」のスペック

「Mavic Mini」がどんなドローンなのか、DJIのすでに人気商品となっている上位モデルと比較をしてみます。

機体 Mavic Mini Spark Mavic Air
離陸重量 199 g(日本) 300 g 430g
寸法 mm 140×82×57 143×143×55 168×83×49
運用
限界高度
3,000m 4,000m 5,000m
最大
飛行時間
18分 16分 21分
映像転送
システム
拡張Wi-Fi 拡張Wi-Fi 拡張Wi-Fi
動画解像度 2.7K
FHD
FHD 4K UltraHD
2.7K
FHD
HD
最大
ビットレート
40Mbps 24Mbps 100Mbps
動画
フォーマット
MP4 MP4 MP4
MOV
ジンバル 3軸
チルト・ロール・パン
2軸
ピッチ・ロール
3軸
チルト・ロール・パン

「Mavic Air」と比べれば、4Kに対応していなかったり、動画フォーマットがMOVにできなったりと多少見劣りがします。

ただ機体重量が倍以上のトイドローンではない空撮を想定したドローンに匹敵するようなスペックは正直驚き。

セルフィドローンとしても人気のSparkよりも、むしろ高スペックな点も多く、カタログスペックを見るだけでも思わず通販でポチりたくなるレベルです!

しかもそのスペックに比べて、コスパが高い価格を見るとなおさら。

「Mavic Mini」の価格

「Mavic Mini」の価格ですが、

本体 46,200円(税込)
フライモアコンボ 59,400円(税込)

になります。GoProと変わらない価格でドローンを購入することができるわけです。

「Mavic Air」は本体だけでも10万円以上しますから、「Mavic Air」の半額以下!!

Sparkと比べてもぐっと買いやすくなって、ドローン一気に身近なものにする可能性を秘めていますね。

人気で品薄になるかもしれないので、急いで欲しい人は早めの購入が良いかもです!

風が心配だけど…

「Mavic Mini」の機体重量は199gと航空法の規制対象外は良いものの、軽いゆえに風の影響は受けるはず。

風に流されて機体をロストさせるなんてことがあれば、いくらコスパが良いといっても問題ですよね~^^;

ただこの動画を見ると、風の吹く中でもパワフルな飛行を実現しており、ある程度の空撮もイケそうな感じ。


性能上の最大風速抵抗は「7.9m/s」ということなので、とりあえず穏やかな天気の時を選べば十分に屋外飛行も大丈夫そう。

まとめ

「Mavic Mini」は機体重量が199gと航空法の規制対象外になる日本限定モデルを投入したことでがぜんその魅力を増しました。

価格も本体が5万円以下と物を買う時に相当吟味する私にとっても即買いレベル!

重さが航空法の規制対象外ということですが、ドローン飛行禁止区域や人や物件との間には30m以上の距離をおくという規制は守らないといけません。

思った以上に風にも強そうで、屋外を飛ばすのにもそれなりにイケそうなので、旅のお供に私も購入しようと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です