釜山空港でエアプサンの搭乗手続きをセルフチェックインでしてみた

釜山空港セルフチェックイン

スポンサーリンク


国際線の搭乗手続きは、けっこう面倒ですよね!

長蛇の列ができていると、早くラウンジでゆっくりとしたいのにとウンザリする時も。

空港でセルフチェックインできるケースが増えていますが、釜山空港でエアプサンの搭乗手続きをセルフチェックインでやってみました。

スポンサーリンク



釜山空港のセルフチェックインが使える航空会社

釜山金海国際空港の国際線では、2019年の8月では、下記の7つの航空会社でセルフチェックインが利用できます。

釜山空港セルフチェックイン
  • 大韓航空
  • アシアナ航空
  • キャセイドラゴン航空
  • チェジュ航空
  • エアプサン
  • ティーウェイ航空
  • イースター航空

 

香港のキャセイドラゴン航空以外は、LCCも含めた韓国の主な航空会社という感じですね。

もちろん有人のチェックインカウンターもありますし、航空会社によってはWEBチェックインもできる所もあるでしょう。

ただ、モバイルチェックインは、特に海外ではネット環境の問題で、できなかったということはあるかもしれません。

そんな時に有人のチェックインカウンターに列ができていると、セルフチェックインはとても便利です。

また、海外で語学に自信がない人には、友人カウンターよりセルフチェックインの方が気が楽ではないでしょうか。

エアプサンの搭乗手続きをセルフチェックインで

当日はLCCのエアプサンの利用でしたが、セルフチェックインを使ってチェックインしてみました。

エアプサンは、モバイルチェックインもできるようですが、あえて空港でチェックイン。

エアプサンは座席指定は有料ですが、セルフチェックインでは座席も選ぶこともできるので、セルフチェックインのメリットがあります。

こんな感じのセルフチェックイン機が、2Fの有人カウンターとは反対の建物出入り口付近にありました。

まずは、航空会社を選択。

釜山空港セルフチェックイン

続いて言語を選択。日本語もありますから誰でも大丈夫そうです。

釜山空港セルフチェックイン

危険物の機内持ち込み制限や手荷物についての注意事項です。右下の続くを押してください。

釜山空港セルフチェックイン

ここだけはなぜか英語です。

翻訳が面倒だったのですかね~w

次に行き先を選択します。ラオスのヴィエンチャンは、日本からの直行便もまだないので、釜山を経由するのも良いかも。

釜山空港セルフチェックイン

予約の便名を選ぶます。関西行は最終便がこの便なのでこの表示だけでした。

釜山空港セルフチェックイン

この時は搭乗時間の約2時間半前ですが、問題なくチェックインできました。

もっと早くチェックインできると思うのですが、次回訪問時には試してみたいと思います。

早くチェックインができれば、ラウンジで長く過ごすことができるし、ラウンジでブログを書けますしね。

チェックインする人数を選択。

釜山空港セルフチェックイン

パスポートの読み込みを行います。パスポートの顔写真のページを開き画面のようにパスポートを挿入します。挿入する場所は、チェックイン機のこの画面の下にあります。

釜山空港セルフチェックイン

この後、座席の選択をする画面があるのですが、そこは撮り忘れました(笑)

早くラウンジでゆっくりしたいなという、気持ちが強くて….。w

【プライオリティパス】エアプサンラウンジへ KALラウンジはまさかの入室拒否 その理由は?

【プライオリティパス】釜山金海空港ではスカイハブラウンジがオススメ

無事搭乗券をゲットできました!7Dと前方の通路側。機内に乗り込むと、隣の席は空席でゆったりでした。

釜山空港セルフチェックイン

安いセールチケットのくせにw

ちなみに行きは、通路側でお隣もいたのですが、頭上の棚に荷物が入らなくて、仕方なく少し前方の座席の上の棚に入れました。

「荷物を前の座席の上に入れたので、席変わっても良い?」

とフライトアテンダントさんに頼むと、OKをもらったのでお隣さんがなしのゆったり空間でした。

往復ともお隣がブロック状態だったわけです。これならLCCでも快適ですよね!

安いセールチケットのくせにww

私は機内持ち込み手荷物だけでしたが、セルフチェックインで預け入れ手荷物がある人は、専用のカウンターで預けることになります。

エアプサンの機内の様子

ラッキーにも機内で座席変更をしてくれた、行きの関空から釜山までの機内の様子を少し紹介。

最初はこの席だったのですが、右2つ斜め前の通路側の席に移動しました。

エアプサン機内

ここから先はプレミアムシートか何かで、座れないように注意書きを置いていました。

エアプサン機内

LCCで気になる足元の広さ。私の身長は170cmぐらいですが、余裕もありけっこう広く感じました。

エアプサン機内

足が短いということは、たぶんないと思いますw

まとめ

釜山空港でエアプサンのチェックインをセルフチェックインでやってみました。

日本語も選択できるので、誰でも簡単にできるはずです。

座席指定もできるので、自分の好みの座席を選択できるのも良い点です。

エアプサンは関空でも、通路側のリクエストは聞いてくれましたが、有人カウンターでも通路側・窓側のリクエストぐらいは聞いてくれると思います。

エアプサンに乗ってみた感想ですが、座席はLCCでもやや広い感じがしました。

どのみちANAやJALだってエコノミークラスは狭いですし、たいした差はないでしょう。

日本から釜山は1時間~2時間しかかからないので、LCCでも十分ですね。

釜山への旅行も良いですし、釜山を経由して日本を旅行するのもオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です