【悲報】香港空港ランドサイド到着ラウンジ閉鎖 香港空港デモ警戒を含めて変わった点

香港空港

スポンサーリンク


香港e道の手続きを終了した後は、到着時でも利用できるプラザプレミアムラウンジでまったりする予定でした。

しかし、ラウンジは第2ターミナルの改修工事のために閉鎖。

香港国際空港は、昨年デモ隊に占拠され混乱しましたが、再び同じことが起こるのか気になるところですよね?

デモの警戒と改修工事によって香港国際空港の影響の大きい変更点を紹介します。

スポンサーリンク



残念すぎるラウンジの閉鎖

香港空港のランドサイド、つまり出国前にあったプラザプレミアムラウンジは神のような存在でした。

このラウンジの素晴らしい所は、出発時はもちろんですが到着時も利用できる点。

深夜到着の際の寝る場所にもなったし、シャワーも浴びれました!

食事もできますし、弱点というとアルコールが有料ぐらい

そのプラザプレミアムラウンジが閉鎖しているのです。

実は閉鎖の情報は空港で野宿をしているときに知りました。

かなりショックで、ガセネタであって欲しかったんですが…。

本来ならシャワーはラウンジで浴びようと思っていたのですが、ラウンジ閉鎖を知ってターミナル内の無料のシャワーを浴びました!

香港e道(e-Channel)申請のため空港トランジットエリアで野宿 寝る場所とシャワーについて

閉鎖の理由

ラウンジ閉鎖の理由は、第2ターミナルの改修工事です。

工事のために第2ターミナルに向かう通路も利用できなくなっています。

本来ならここにエスカレターがあったはずなんですが…。

香港空港

このような掲示が掲げられています。

香港空港

「第2ターミナルは拡張のため一時的に閉鎖しています」と表示されています。

ただ、ラウンジの閉鎖については直接的に言及していません。

例示されている物はすべて第1ターミナルなどで設置されているものばかり。

なお、プライオリティ・パスの公式サイトでは、香港のランドサイドのプラザプレミアムラウンジが閉鎖されていることが表示されています。

ラウンジ以外にも特に気になる変更点も掲示されているので簡単に紹介をしておきます。

すべての航空会社のチェックインカウンターは第1ターミナルへ

第2ターミナルはLCCが利用するターミナルでしたが、すべての航空会社のチェックインカウンターは第1ターミナルに設定されています。

ジェットスターも第1ターミナルにチェックインカウンターが変更されることが案内されていて知っていました。

その時は、ジェットスターもやるなと思っていたのです、こういう理由があったんですね…。

中国・マカオ行バスやスカイリモ乗り場も第1ターミナルへ

中国・マカオ行バスやスカイリモ乗り場は第2ターミナルにありましたが、閉鎖によって第1ターミナルに移転しています。

入国審査を終えて入国してくると、進行方向の左手奥になります。

香港空港

市内などへ行くバスターミナルとは反対方向ということですね。

スカイリモを利用する人も多いと思いますので、こちらに変更しているので入国後スムーズに訪れるましょう。

香港空港

臨時に作っているので、なんだか手狭な感じがしますが。

デモの警戒は?

香港国際空港というと、デモの影響が気になる人も多いはず。

また、デモ隊に占拠されて再び混乱状態になって大規模な欠航にでもなったら大変ですよね!

印象なのですが、たしかに警戒はしているものの、この程度で大丈夫なのかな?という感じも少ししました。

デモ警戒をあまり写真を撮ってると、なんか文句も言われると嫌なので遠目からのこの1枚のみw

香港空港

ちょっとこの後お願いすることもありましたし…。

何かデモに関係しそうな人が訪れたら入り口を封鎖して、応援が来るんでしょうけどちょっとマンパワーが少ないような感じも。

A43Pのバスは9:30が始発

バスターミナルに来てA43Pバスに乗って、この方法で福田口岸まで行くつもりでした。

香港空港から福田口岸へ最安で行く方法 オクトパスカードは必須

ただ、A43Pのバスですが9:30が始発(*_*)

香港空港バス

ラウンジでまったりとできていれば、ちょうど良かった時間帯なのですが…。

到着でも利用できるプラザプレミアムラウンジの閉鎖が、めちゃくちゃ痛いです。

A43バスはすでに運行をしているようですが、誰も並んでいません。

香港空港バス

上水まで行って羅湖から入国しようかと思ったのですが、福田のが都合が良いし、最安方法の方がやっぱり良いですしね。

空港ターミナルへ引き返すが…

バスの出発まで、まだ1時間以上あります^^;

朝なので少し肌寒いし、Wifiも空港のフリーのものをキャッチできなかったので、できれば空港ターミナルで待ちたい。

そこで警戒中の空港ターミナルに引き返すことにしました!

厳重警戒の中、空港ターミナルに入れてくれるのでしょうか?

意外にすんなりと入れてくれた

ターミナル入り口では、おそらく搭乗券のチェックをしていると思われます。

マニラ空港でもそうでしたが、当日の搭乗券がない限り空港へは入れないことにしているとの情報も聞いています。

係官にこんな風に言ってみました!

「すみません、A43Pバスが9:30からで1時間以上あるのでターミナルで待ちたいんですが」

そうするとわりとすんなりと、

「OK」

と入れてくれました!

これはこれで警戒大丈夫かと少し心配なのですが、パスポートのチェックもしていますし旅行者には少し甘いのかな。

もちろん香港人だとこうは簡単には入れてくれないでしょうがね。

とりあえず香港空港のデモの警戒状況をみても、今はデモの影響も少なくなってきているのかなという印象を持ちました。

中国へ抜けた後、香港市内も訪れるのでまたデモの状況についてはご紹介できるかもしれません。

なお、A43Pバスに乗って中国へ入国するレポートは次回紹介をします。

ちょっと注意する点もありました^^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です