香港空港からA43Pバスで落馬洲・福田口岸へ 注意すべき点と向かない人

香港B1バス

スポンサーリンク


香港国際空港からA43Pバスで新田運輸交匯處を経由して落馬洲・福田口岸へ行く最安のルートがあります。

このルート確かに安くて良いのですが、少し注意点もあります。

また、こんな人はこのルートは向かないかもしれません。

スポンサーリンク



A43Pバスで新田運輸交匯處へ

香港空港から落馬洲・福田口岸へ安く行く方法として、上水を経由して行く方法があります。

これでも一度エアポートエクスプレスで市内へ出て、MTR に乗り換えるよりずいぶん節約できます。

ただ上水から行くのは楽ですし良い方法です。

その上水ルートよりさらに安く深センへいけるのが、A43Pバスで新田運輸交匯處→B1バスで落馬洲・福田口岸ルートです。

こちらのページで詳しく紹介していますが、オクトパスカードがないと最安ルートでは行けません。

香港空港から福田口岸へ最安で行く方法 オクトパスカードは必須

また、A43バスは新田運輸交匯處には止まりませんので合わせてご注意ください。

なお、新田運輸交匯處は英語では、「San Tin Public Transport Interchange」になります。

前回こちらの悲報で空港のベンチで待つことになり、ようやくA43Pバスに乗ることができました!!

【悲報】香港空港ランドサイド到着ラウンジ閉鎖 香港空港デモ警戒を含めて変わった点

ジェットスターの欠航で、成田振替えになって余計な時間を費やしてしまいました^^;

平日始発のA43Pバスはガラガラ

A43Pバスの9時30分発の始発に乗りましたが、10名程度の乗車でガラガラ。

この日は平日だったのですが、週末だったらもしかしてもう少し増えるかもしれませんが…。

A43バスは人がそれなりには並んでいたのですが、A43Pバスはほとんど並んでいなかったですから^^;

こちらがA43Pバスの案内板です。

香港A43Pバス

9:30の始発から10時~23時まで毎時00分と30分の出発で、終バスは24時になります。

24時発まであるので、皇崗口岸に行くという方法もとれますね!

香港空港・九龍・香港島から皇崗口岸への行き方 24時間深夜でも深センへ行けるぞ

案内板でも紹介をしているように、新田運輸交匯處ではB1バスで落馬洲・福田口岸へ、シャトルバスで皇崗口岸に行けることが表示されています。

バスは香港ならではなの2階建てバスで、もちろん眺めの良い2階席に座りました。

香港A43Pバス

ただ一番前の席はいかにも危なく、事故の犠牲になるのも前方の席が多いようです。

地元の香港人はほとんど前のほうには座ろうとしませんからね!

微妙なところですが2列めに座りました。

バスではスマホを充電できる

香港空港から乗ったバスには、窓側にこのようにUSBポートがありスマホなどを充電することができます。

香港A43Pバス

すべてのバスが設置されているわけではないかもしれませんが、これはウレシイサービスですね。

バスはスムーズに新田運輸交匯處に到着

バスは渋滞もなくスムーズに新田運輸交匯處に到着しました。

到着したA43Pバスが再び出発しました。

香港A43Pバス

だいたい40分ぐらいで到着しましたので、わりと近いなという印象です。

もうすでに深セン福田などの高層ビル群が見えていますから、深センはすぐそこという位置ですから。

そこでB1バスなんですが、すぐ目の前を到着しています!

香港A43Pバス

残念ながらこのバスに乗ることはできなかったので次のバスを待つことに。

反対側には皇崗口岸へのバス

B1バスは、A43Pバスの停留所の目の前にあるわけですが、反対側つまり背後には皇崗口岸行きの黄色のシャトルバス乗り場があります。

香港A43Pバス

深夜着で24時までにA43Pバスに乗ることができれば、このバスで24時間オープンの皇崗口岸へ行くことができます。

急いでいるとか、夜遅くなるとかご自分の予定に合わせて新田運輸交匯處では臨機応変に対応できますのである意味便利です。

それぞれのバス乗り場の位置関係ですが、写真中央やや左がA43Pバスが到着するバス乗り場。右が皇崗口岸行きのバスです。

新田運輸交匯處

そして一番左の道路を渡るとB1バス乗り場です。

少し先に信号がありますので道路を渡ります。

新田運輸交匯處

B1バスの表示があります。前方の人が向かう先にミニバスの乗り場があります。

新田運輸交匯處

汚れていたわかりにくですが、B1バスの案内板です。

新田運輸交匯處

バスのルートで新田運輸交匯處は終点にかなり近い位置です。

B1バス停からの様子。向こうで人が待っている場所にA43Pバスが到着します。

新田運輸交匯處

ちなみに空港行のA43Pバスも同じ場所に到着をします。

新田運輸交匯處

到着したらシンプルな位置関係でわかりやすいと思いますが、もしかしてB1バスがすぐに来るかもしれないので知っておくと便利でしょう。

到着したB1バスは満員

B1バスはすぐ到着するかと思っていたのですが、けっこう待ちます^^;

もしかして皇崗口岸行きのバスを見に行っていた間にバスが到着した可能性はありますが…。

B1バスですがようやく到着しました。

香港B1バス

ただ超満員で乗れません(*_*)

前の2名程度しか乗れず、そのまま乗車拒否で走り去って行きます。

香港B1バス

こういうことは、中国では良くありますがB1バスのように中国人が利用するバスでは同じことが出てきますね。

時間帯によってはどか~んと人が集中しますから。

ここで同じ列に並んでいた女性は、B1バスを諦めて皇崗口岸のバスを目指します。

また、別の乗客はB1バスではなくミニバス乗り場へ向かいます。

次のバスはすぐに到着

また次のバスを長い時間待たないといけないのかと思ったのですが、次のバスはすぐに到着します!

よくわかりませんね~(*_*)

このようなことはアジアの国々ではよくあることで、昔タイのバスを待っていた時に1時間ぐらいバスを待っていました。

バスが到着したと思ったら同じ系統のバスが2台並んできますww

日本のように時刻表通りに運行されるとは限らないことは頭に入れておいた方が無難ですね。

そしてそのバスも満員。

今回も乗れないかと思ったのですが、なかば強引に乗り込みなんとかB1バスに乗車することができました(≧▽≦)

こちらが車内の様子。バスの一番前の扉付近のきわどい場所に乗ってますw

香港B1バス

バスは10分程度でしょうか乗車して落馬洲・福田口岸へ到着しました!!

香港B1バス

到着してホッとしました。

A43Pバス最安ルート注意すべき点と向かない人

A43Pバス最安ルートは、安くてそこそこ快適で便利なのですが、注意すべき点もあります。

すでに述べていることも多いですがここで整理しておきます。

オクトパスカード必須

香港の交通ICカード「オクトパスカード」は最安ルート利用のため必須です。

なぜならB1バスがオクトパス割引によって無料になるからこそ、このルートの価値が大きくなるからです。

オクトパスカードを持っていない人は空港でも購入できますので、空港で忘れずに購入をしておきましょう。

新田運輸交匯處ではB1バスに乗車

上記でも述べていますが必ずB1バスに乗車しなければなりません。

新田運輸交匯處では、他にもミニバスが落馬洲・福田口岸に行きますがミニバスではオクトパス割引が適用されません。

B1バスが混んでいても最安ルートにこだわるのなら、B1バスに乗車が必要です。

大きな荷物を持っているとバスに乗れないリスクは高まる

B1バスは時間帯や曜日にもよりますが、非常に混雑します。

何せ中国と香港を行き来する人はものすごい数ですから。

B1バスは混んでいて人が乗れないと判断すると乗車拒否をしてそのまま行ってしまいます。

大きなスーツケースを持っているような場合は、実質2人分のスペースはとるわけですから、それだけバスに乗れないリスクは高まります。

実際私は最後の1人で小さ目の荷物だけだったので乗車できましたが、大きなスーツケースであったら乗れなかったはずです。

対策としてはできるだけ列の前に並んでおくことでしょうか。

混雑具合で臨機応変の対応も

B1バスが満員の場合には次のバスに必ず乗れるという保証はありません。

もしかして次のバスも満員で乗れない可能性だってゼロではないでしょう。

急いでいるような場合、例えば深センの地下鉄の終電とか鉄道の時間が迫っている場合もありますよね?

そんな時は最安ルートにこだわりすぎずに他の手段をとることも検討すべきでしょう。

新田運輸交匯處でミニバスに乗ったり、行き先を変更して皇崗口岸から出国するとかです。

そういった意味では、この最安ルートは旅慣れない人にはややハードルが高い移動手段とも言えます。

ちょっと不安だなという人は、A43バスを使って上水まで行ってMTRに乗り換える方法がより確実で楽なのでそちらの方が良いかもです。

旅なれたバックパッカーなど荷物が少なめで、時間にも余裕がある人なら良いルートです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です