アメックス圓徳院「京都特別観光ラウンジ」に行ってきた 拝観もできて大満足

アメックス京都ラウンジ

スポンサーリンク


京都は紅葉シーズンが訪れ、多くの観光客で賑わっています。

私は大阪に住んでいるのですが、自転車で気軽に京都へ出かけます。

ただ、東山特に八坂神社から清水寺周辺は人も多いので避けがち。

アメックスの「京都特別観光ラウンジ」がちょうどこの辺りにあり、前から行きたかったのですが、先日ようやく訪れることができました。

紅葉を鑑賞するとなるとちょっと早い時期でしたが、大満足のラウンジでリピートしそうです!

スポンサーリンク



アメックスの「京都特別観光ラウンジ」

クレジットカードのラウンジというと、空港ラウンジということになりますが、街中にもちょっと休憩ができるラウンジがあります。

百貨店のラウンジなんかもあるようですが、あちらは年間〇〇百万円以上買い物をすれば入室資格が得られるというやつです。

アメックスの「京都特別観光ラウンジ」は、アメックスが直接発行しているゴールド以上のカードを所有している人が無料で利用できる場所です。

ラウンジの場所

アメックスの「京都特別観光ラウンジ」は、高台寺の塔頭の一つである圓徳院にあります。

塔頭(たっちゅう)とは、通常は寺院の敷地内にある子院のことをいいます。

塔頭といっても有名な所もあり、特に紅葉のシーズンになると、素晴らしい庭園や紅葉で多くの人で賑わう塔頭もあるぐらいです。

ちなみに有名な金閣寺も、敷地外になりますが相国寺の塔頭寺院なんです!

圓徳院は、豊臣秀吉の正室の北政所ねねが、その晩年19年間を過ごした由緒あるお寺です(≧▽≦)

ラウンジの行き方

ラウンジは圓徳院を目指せば良いのですが、寺院の通常の入場口とは別の場所から入ることになります。


周辺には高台寺や清水寺を始め、八坂神社、知恩院、青蓮院門跡など有名な観光スポットが集まっています。

観光スポットをたっぷり巡って、ちょっと疲れた体を癒やすのに、このラウンジは最適ですね!

ラウンジへはたくさんの行き方があるでしょうが、私は八坂神社の南楼門から向かいました。

八坂神社南楼門

四条通の突き当りの鳥居があるのが西楼門ですが、こちらは南側で清水寺や高台寺がある側ですね。

鳥居の近くには案内板がありますので、そちらの地図を確認して向かうとよりわかりやすいでしょう。

案内板

南へ向かいましょう。この日は平日だったこともあり人は少なめですが、紅葉シーズンの週末は込み合いそう。

圓徳院行き方

こちらの2つのお店の間を左に曲がり、まっすぐ東へ向かいました。

圓徳院行き方

突き当たりを右に曲がりました。

圓徳院行き方

右に曲がった道は「ねねの道」という道路で、圓徳院はこの道沿いにあります。

圓徳院行き方 圓徳院行き方

こちらが圓徳院の入り口。ココまで来ると行き過ぎで、ラウンジはもう少し手前。

圓徳院

こちらがラウンジへの入り口です。特徴的ですからわかりやすいと思います。

アメックス京都ラウンジ アメックス京都ラウンジ

奥へ道なりに進みます。

アメックス京都ラウンジ

到着! 左手がラウンジになります。

アメックス京都ラウンジ

行き慣れた空港ラウンジと異なってなんだかワクワクします(≧▽≦)

AMEX京都特別観光ラウンジの様子

アメックスの京都特別観光ラウンジにいよいよ入っていきます。

こちらの鐘を鳴らして、あらかじめクレジットカードを出して待ちましょう。しばらくすると係の人が来られます。

アメックス京都ラウンジ

なかなか来ないからといって、鐘を連打するのはやめましょうw

英語で日本発行のアメックスカードメンバーだけと書かれており、海外で発行されたアメックスは対象外です。

忙しい時もあるみたいで、しばらく待つ時は、ゆっくりとこちらで腰掛けて待つと良いそうです。

後ほどこちらで氏名を記帳することになりますしね。

京都特別観光ラウンジ

対象カードが表記されていますが、アメックスが直接発行するゴールドカード以上のカードです。

これから入会を考えている人でしたら、SPGアメックスやデルタスカイマイルなどがオススメ。

休憩するのは圓徳院書院・知客寮で、好きな所に座るように案内されました。

接客の方は、京都らしくめちゃくちゃ丁寧で、こちらが恐縮するぐらいです^^;

お茶とお菓子、圓徳院のパンフレットを用意していただけます。

アメックス京都ラウンジ

美味しゅうございました!

アメックス京都ラウンジ

何せ大阪からサイクリングで訪れたもんですから美味しさが身にしみます(笑)

さらにこのラウンジのお茶以上にウレシイのが、圓徳院の拝観も無料でできる点。

ちょっとしたVIP感を味わえますよね~(≧▽≦)

圓徳院を拝観

ラウンジ自体が圓徳院の一部ですし、そのまま圓徳院を拝観することができます。

圓徳院

こちらは南庭。紅葉はまだ色づき始めという感じです。

圓徳院

そして、こちらは北庭。もともと伏見城北政所化粧御殿の前庭を移設したものだそうです。

圓徳院

紅葉の見頃になると、真っ赤な紅葉がさらに庭園を格別なものにするようです!

また、できれば見頃になったら訪れてみたいです。

まとめ

前から行きたかったアメックス京都特別観光ラウンジへ行ってきました。

お茶の美味しさとおもてなし、さらに高台寺塔頭の圓徳院の拝観が無料でとても満足度が高いラウンジです。

アメックスが直接発行しているゴールドカード以上が対象で、同伴者3名まで利用できるのも魅力です。

平日だったせいかあまり混雑もなくゆったりと過ごすことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です