激安賃貸物件に住むメリット 固定費を下げてセミリタイアを実現へ

ミニマリスト

スポンサーリンク


私の住んでいる大阪にはけっこうな数の激安賃貸物件があります。

最近は景気回復のためか、大阪市の人口も増えたりで前ほど家賃は安くないような感じも一部出てきています

それでもこんな感じで信じられないようなお得な物件がゴロゴロあります。

大阪激安賃貸物件

出典 SUUMO

激安賃貸物件に済むことで家賃が安くなれば、それだけ生活が楽になるのは大きなメリット。

激安賃貸物件で支出を減らし、日本でセミリタイア生活を実現したり、将来のための貯金に生かしましょう。

スポンサーリンク



家賃は最も大きな固定費

生活費の中で家賃の占める割合はとても高いです。

俗に「家賃は収入の3割」なんてことが巷で良く言われていますが、3割はとても大きいですよね。

しかも家賃は何か生活に変化があっても支払わなければならない固定費です。

年収200万円あれば、年間家賃が60万円。

つまり、月5万円ということになります。

ただこの数字にちょっと疑問を感じませんか?

年収200万円しかないのに、家賃が月5万円なんてちょっと贅沢?

という意見も聞こえてきそうです。

実際に生活を豊かにするなら、家賃は収入の3割ではなく、25%もしくは20%ぐらいに抑えるのが理想です。

固定費を下げることが節約生活では大事

支出には固定費と変動費があります。

固定費とは、生活する上で定期的に発生する一定額の支出です。

つまり固定費とは、毎月絶対に決まった額のお金を払わなければならないわけです。

固定費の代表例が家賃ですが、携帯代金などの通信費も当てはまりますね。

一方変動費とは、何を選択するかによって変化する支出です。

変動費の代表例が食費ですね。食べ物の内容によって使うお金がずいぶんと変わりますからね。

どこに行くか、どのような手段にするかで変化する交通費も変動費になりますね。

節約生活を考えると真っ先にそのターゲットになるのが食費の節約です。

まあ、日頃から外食ばかりで食費にお金をかけている人は、食生活を改善するだけでかなり生活が楽になるはずです。

でも、このブログを見てくれている人って、もうすでに食費はけっこうな節約をしてたりしませんか?

食費をあまり削りすぎると健康面にも影響があるかもしれないので、食費の節約し過ぎはあまりオススメをしません。

食費のような変動費を削るよりも、節約の効果が高いのが固定費の節約です。

だって食費や交通費は月によってずいぶんと変わる可能性があります。

飲み会があったから、今月は出費が増えたとか、旅行に行ったから交通費の出費がかなり痛かったというのもあります。

でも、家賃のような固定費を下げることができれば、毎月の出費を安定して下げることができます。

例えば、月5万円の家賃を3万円に下げれば、毎月2万円を他の費用に当てることができますからね。

固定費の節約は難しいのですが、節約できれば効果は絶大です。

次の住まい探しのハードルが下がる

激安賃貸物件に住むメリットとして、次の住まい探しのハードルが下がるというのもあります。

人間って一度身についた生活レベルを下げるのはとても難しい習性があります。

激安賃貸物件に住んでいると、次に引っ越しを考えてもある程度のレベルで妥協ができます。

そのため、次の住まい探しのハードルが下がります。

ただ、激安だけどクオリティも高い掘り出し物を探すには、ちょっと難しくなりますが^^;

ミニマリストを目指したくなる

激安賃貸物件には、安くなるそれなりの理由があるものです。

例えば駅から遠かったり、築年数が古かったりするのがよくある例ですね。

また、部屋が狭いというのもよくありがちです。

部屋が狭いと荷物は少なくしないといけません。

そのため、必然的に物を捨てやすい環境に置かれるというわけです。

ミニマリストの生活を目指しているけど、物をなかなか捨てることができないという人は、狭い部屋に引っ越しをするのが良いきっかけになったりします。

荷物がたくさん入らないから、捨てるしか仕方がないですからね!

それかゴミ屋敷のような部屋になるかですw

激安賃貸物件なんてネガティブなイメージばかりかもしれませんが、意外なほどそのメリットは大きいですよ。

「住めば都」ということわざもありますし、慣れれば激安賃貸物件でも快適な生活を送ることはできます。

まとめ

激安賃貸物件で住むことによって、毎月の固定費を下げることができます。

固定費を下げれば、少ない予算で生活をすることができるので、セミリタイア生活も実現しやすい。

激安賃貸物件でも築年数が高かったり、駅から遠いなどの条件によって意外なほどクオリティの高い物件もあります。

そんな物件に当たれば、費用を抑え快適な生活を送ることもできますし、その分仕事だって余分にする必要がなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です