マリオットプラチナチャレンジは止めて自由な旅をしたくなった

スポンサーリンク


マリオットのプラチナチャレンジを行う予定でしたが、昨年末でプラチナチャレンジが終了してどうしようか考えている所でした。

2月から再開されるとの憶測もありますが、いろいろ考えた結果プラチナチャレンジはやらないことにしました。

プラチナになることのメリットはとても大きいため、2月からでも挑戦しようかとも思いました。

しかしじっくり考えることで、得ることのメリットよりもデメリットのことも考え、SPGアメックスのゴールド会員で十分かなと方向転換。

スポンサーリンク



マリオットプラチナのメリットは大きいけど…

マリオットプラチナエリートのメリットはとても大きいですよね!

レイトチェックアウトに部屋のアップグレード、ポイントも貯まりやすくなりますしね!

特にラウンジを利用できること朝食がつくのが自分の中では魅力的なのですが、そのために修行をするのも十分に価値があるものです。

ただプラチナになることで、自分の性格では犠牲にするものも大きいので、プラチナチャレンジ終了を機会に気持ちを切り替えました。

プラチナになることのデメリット

プラチナになることのメリットも大きいのですが、その反面デメリットも大きい。

おそらくプラチナになると、自分の性格ではこんな行動に出るんじゃないかと感じていました。

行く場所が限定される

プラチナ修行やプラチナを防衛することで、より予算をかけずにとなるとどうしても行く場所が限定されがちです。

例えば中国には世界最安のアロフト鄭州上街がありますが、年明けにプラチナチャレンジをするつもりだったので、鄭州までの航空券はすでに発券済み^^;

鄭州が何もないとは言いませんが、他の所の方がより行きたい場所はあります。

コスパはスゴく高いホテルだと思うので、鄭州に行った時は泊まるとは思うのですが。

行く場所をプラチナのためになってしまうと本末転倒のような感じもします、鄭州空港を起点に開封に行って、鄭州は1泊か2泊になりそう。

ラウンジのあるホテルを優先する

プラチナになるとラウンジを利用できるのが大きなメリットですよね!

そのメリットを享受したいためにラウンジのあるホテルを優先的に選びがちになりそう。

個人的にはビリヤードが趣味ということもあり、ビリヤードテーブルが良くあるモクシーとかアロフトにけっこう行きたい気持ちがあります。

料金も安いですしね!!

ただ、両ホテルともラウンジがないので、いまいちプラチナのメリットがありません。

宿泊数を稼ぐのには役立ちますが、ラウンジを利用するためにコートヤードとかシェラトン以上のホテルを選びがちになりそう。

そうなると自分の興味よりもホテル優先で考えてしまわないかという懸念があるのです。

マリオットばかりに宿泊すると健康的ではない

私は日頃は1日1食主義者で質素な食生活を送るのが普通です。

たまにチートデイとして思う存分食べることが必要なので、旅先のホテルの朝食ビュッフェや空港ラウンジはチートデイに最適です。

チートデイとは? 期間や頻度の目安 1日1食で低下した基礎代謝を上げて息抜きにもなる

ただマリオット系ホテルに旅先で連泊となるとちょっと過剰気味なんです!

例えば1週間の旅行だとしたらせいぜい1~2回チートデイとしてたくさん食べられたら十分。

マリオットプラチナになることで、旅の期間は終始腹いっぱい食べそうなんです^^;

食べなければ良い話しなんですが、日頃1日1食を実践していると、一度火がついた食欲は留まるところを知らない状態になってしまうんです。

特にパン好きな私にとっては、ホテルの朝食ビュッフェは目の前にホテルの美味しいパンが並ぶとワクワクします。

ただ、パンは食べるとグルテンの影響でしょうか、ちょっと身体の調子が悪くなりがちなんですよね…。

IHGも魅力がある

私はANAのSFC会員なので、日本のANAクラウンプラザやANAホリデイ・インなどはとてもお得に宿泊することができます。

IHGはポイントも貯まりやすいですし、インターコンチネンタルアンバサダー会員になればすぐにプラチナエリートにもなれます。

IHGリワーズクラブはポイントが貯まりやすさが魅力 エリート会員にも簡単になれる

たしかにIHGのプラチナになってもラウンジのアクセスはおろか、朝食もつかないのでそれほどメリットが大きくないのは否めません。

それでもIHGはポイントが貯まりやすいですし、「ポイントブレイク」を利用すれば1ポイント=1円以上の価値になることだってあるぐらいです。

ホリデイ・インエクスプレスは便利

IHGの良い点なのですが、格安で泊まれるホリデイ・インエクスプレスがあるのはとても便利です。

日本にはホリデイ・インエクスプレスはないのですが、中国なんかはめちゃくちゃ多いです。

こんな所にもあるかという感じなんです!!

朝食付きで安く泊まれてポイント還元も考えると、安宿で泊まっているとほぼ変わりません。

マリオットで同じクラスというとフェアフィールド辺りが該当しますが、中国ではあまり多くないので少し使い勝手が良くありません。

マリオットのプラチナために行き先が限定されるのではなく、IHGや安宿も含めて自由に旅ができた方がより面白い経験ができます。

ドローンや自転車を旅でも楽しみたい

旅先でもドローンや自転車を楽しみたいと思ってます。

ドローンや自転車を堪能できるというと、どちらかという都会より田舎です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です