チートデイとは? 期間や頻度の目安 1日1食で低下した基礎代謝を上げて息抜きにもなる

チートデイ

スポンサーリンク


ダイエットに興味がある人は「チートデイ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ダイエット、特に食事制限を伴うと苦しむ人も多く、そのため反動でリバウンドを経験した人も少なくないですよね!!

あまりにもストイックな食生活は、その反動も大きくなったりするので、それまでの苦労も水の泡となります。

チートデイはダイエットに成功するためにも大事なことなのですが、私のようにダイエット目的でなくとも、1日1食実践者にとっても行う意味があるのです。

1日1食で基礎代謝が低下しますが、チートデイでドカ食いすることで代謝を上げることができて、やる意味があるのです。

スポンサーリンク



チートデイの意味は?

チートデイの、「チート」を日本語に訳すと「だます」とか「ごまかす」という意味になります。

つまり、チートデイとは「だます日」や「ごまかす日」という意味になるわけです。

では、誰をだましたり、何をごまかしたりするかというと、それは自分の身体ということ。

これがポイントです。

たまにチートデイとは、ダイエットにはストレスがかかりがちなので、ストレス解消のための「ヤケ食い」という感じのイメージを持つ人もいます。

チートデイは、そのような意味ではないことは理解しておきましょう。

ストレス解消のためにやけ食いをするようになると、ストレスがずっとかかる状態だと食べることが止まらなくなることもあるでしょうし。

ではチートデイで「身体をだます」ということは、どういう意味で、どんなメリットがあるのでしょうか?

ダイエットにも時期によってはチートデイが必要

ダイエットというと、とにかく摂取カロリーを減らせば、体重がずっと減っていくというイメージを持つかもしれません。

確かにダイエットの開始当初は、面白いように体重が減る場合もありますが、やがて体重の減り方は鈍ってきたりします。

ダイエットで食事制限をすることは、一種の飢餓状態にも似たような状態になると身体が反応をします。

人間の身体は不思議なもので、飢餓状態になると感じればエネルギー消費を抑える働きをします。

これがダイエットの停滞となって現れ、今まで順調に体重が減ってきたにもかかわらず、ある一定期間が経過するとカラダへの変化が少なくなるのです。

この停滞期の時期に、飢餓状態に陥ったと勘違いをした身体をだますために、チートデイを定期的に行い、再びエネルギー消費を増やすわけです。

エネルギー消費を抑えることを防止して、ダイエットの効果を上げるわけですね。

普段食事を制限してあまり食べないところを、その日だけ好きなだけ好きなものを「ドカ食い」するのがチートデイです。

ダイエットは食べたいものを食べることができず、ストレスがかかりがちですよね?

そんな時に好きなだけ食べられるわけですから、日頃のストレスの解消にもなります。

さらに、ダイエット効果も期待できるわけですから、メリットも多いです。

チートデイの必要な時期や期間

チートデイの必要な時期や期間は人によって異なるのですが、期間はデイという単語もあるように基本は1日もしくは1食だけです。

基本的にはチートデイの1日は厳守しなければなりません。

ズルズルと誘惑に負けて、何日もたくさん食べているとまったくチートデイになりません。

それでは身体をだますという目的にならずに、それが普通になってしまいますからw

必要な期間は人によってかなりの違いがありますが、だいたい1週間~2週間程度につき1日と考えて良いでしょう。

傾向的には太りがちの人ほど、インターバルは長く必要で、かなり太っている人はチートデイが必要でない場合もあります。

ダイエットに効果のあるチートデイですが、私は1日1食を実践しており、体重は56~60kgぐらいで前後で特にダイエットの必要はありません。

ただ、それでもチートデイを行う意味はあります!

1日1食にも息抜きが必要

1日1食を続けることは、慣れればそこまで辛くはないですが、時間によってはお腹が減って辛い場合もあります。

行っている本人にとってはそれほどでもないですが、周囲の人にはとてもストイックなことに写りますしねw

そんな1日1食ですが、ずっと続けるとストレスに感じる場合もあるでしょうし、途中に息抜きをつくることも必要でしょう。

1日1食とチートデイ

1日1食は、3食きっちりと食べることと比べると、摂取カロリーは少なくなりがちです。

そのため、ダイエットで食事制限をするのと同様に一種の飢餓状態になっていると身体が勘違いすることも。

そのため、1日1食で最初のうちは体重がかなり落ちいくのですが、やがて以前のように体重が落ちなくなり、まったく平行線をたどるような場合もあります。

そこで、身体をだますために、1日1食生活でもチートデイを導入をして、再びエネルギー消費を増やすようにすれば良いわけです。

別に痩せるためにするわけではないですが、基礎代謝が低下することで血流が悪くなったりしますから身体のためにもです。

たまに好きなものを好きなだけ食べることで、普段たくさん食べたいことを我慢しているのであれば、ストレス解消にもなり身体にいろんな良い効果があるのです。

まとめ

チートデイは、ダイエットを効果的に行うためのものと思われがちですが、私のように1日1食生活とも相性が良いです。

1日1食ですと、どうしても1日の摂取カロリーが少なくなりがち。

そこで、定期的に1日の摂取カロリーを1食でとるぐらいの勢いで、どか食いすると身体をだます(チート)することができます。

食べない時は食べないで、時間を有効に使う。

食べる時は好きなものを好きなだけ、本能のままに食べる。

チートデイでたくさん食べることで、一時的に体重が3キロぐらいは増えますが、すぐにいつもの体重に戻っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です