血管年齢を薬局で測ってきた 測定器の正確性はどうなの?

血管年齢

スポンサーリンク


近くのマツモトキヨシに寄ってきたのですが、店舗には血圧、骨年齢、血管年齢などの測定器と体組成計が置いてある。

ちょっと時間も余ったので、血圧と血管年齢だけはかってきたのですが、血圧は良好。

血管年齢は以前の年齢をはっきりと覚えていませんが、たしか20代でめちゃくちゃ若かったので上昇したような。

血管年齢が若い時は数値を信用するという感じだったのが、悪くなると「ほんまかいな?」という感じにもなってきました(笑)

測定器自体の正確性はどうなのか気になったのでいろいろ調べてみることに。

スポンサーリンク



血管年齢測定をしてきた

薬局などで血管測定器が置いている所がありますが、近くのマツモトキヨシで血管測定をしてきました!

ついでに楽天チェックでポイントももちろん貯めてきたよw

血管年齢の結果ですが、こんな感じでした!

血管年齢としては、38歳と実年齢より一回りも若いので悪くないのですが、以前と比べたらちょっと血管年齢が上昇。

また、個々の指標を見るとちょっと気になる点も。

特にセミリタイア生活をする身としては、むしろストレスに関する数値の方が気になりがちです。

ストレス点数は55点

薬局に置いていた血管年齢測定器では、血管年齢だけでなくストレス点数も測定されます。

ストレス点数は55点。

他と比べるものがないのでこれだけでは、良いのやら悪いのやらはっきりしませんし、点数が高いほど良いのかどうかもはっきりしません(笑)

点数なのでたぶん高いほど良いのかな?

ちょうど真ん中ぐらいの点数なので特に問題はないのですがw

セミリタイア生活をしながらストレスがあるのなら、ちょっとどうかなという感じなので、55点なのでまあまあかな。

個別に見ていくと、

  • 身体的ストレスは普通よりやや低い
  • 精神的ストレスは身体的ストレスよりもさらに低め
  • 疲労度は普通よりやや高い

 

まあ普段から好きなことをしてのんびり過ごすセミリタイア生活ですから、身体的ストレスや精神的ストレスが低いのは当然。

また、ストレス対処能力が低いと出ていますが、だからこそ高ストレスのフルタイム勤務なんて無理なんでしょうw

逆に言うと、ストレス対処能力が低いのに、身体的ストレスも精神的ストレスもそんなに高くないということは、セミリタイア生活は上手くいってるかも。

疲労度は心当たりがあり、最近私生活で考えごとをする機会が多くて寝不足気味なんで疲労もちょっと溜まっているかもしれません。

測定器の正確性はどうなのか?

疲労度などは思い当たる節もあり、それなりにこの測定器の正確性は高いかもしれないですが、実際にはどうなのでしょうか?

こちらのニュースは病院にある血管年齢測定器について紹介をしています。

たしかに病院であるような血管年齢測定器はかなり正確性は高いようですが、その代わりに測定するのに時間もかかり手間がかかります。

薬局に置いている血管年齢測定器は、ほんの2~3分程度で測定が終わる簡易なもの。

置いていたのは指に人差し指を差し込むタイプでこのような感じのもの。

同じ商品かどうかははっきりしませんが^^;

この測定器は病院の測定のようには行かないけれども、それなりの正確性はあるみたいです。

購入者の口コミを紹介します。

期待以上加齢性の動脈硬化が心配な高齢者です。
生活習慣改善は、動脈硬化度合い(血管年齢)との相関関係を把握しないと、
弾みがつきません。
血管年齢測定は普通は医療機関でないと出来ませんが、日常的に傾向値を
観察するためだったらこの器械で可能ではないかと思い、この値段で大丈
夫か?カナダ製で大丈夫か?すこし不安はありましたが、思い切って購入
しました。
結果は、大正解でした。
日赤病院での測定値との差違は5%。 1時間内測定4回でフレは3%の範囲
内にはいり安定していますから、第一印象では信頼性はあるように思われます。
もちろん、ひと月程度は使ってみないと確としたことはいえませんが。
スマホ・アプリのインストールもトラブることなく、その後の登録なども
簡単で機器とスマホの接続も自動的にできたので、大いに助かりました。
ちなみにスマホはフアウェイnovalite OSはandroid8.0.0です。
今後、生活改善効果を「見える化」する道具として、血圧計とともに日常的に
使えそうです。
測定絶対値については、年に一度程度、病院でのPWV測定値で評価すれば
よいと考えています。

専門用語もありめちゃくちゃ長い口コミですが、それだけに信憑性が高めですよね!

一方でこんなネガティブな口コミもあります。

測定できないことが多い測定できないことが多い エラーになる
コツがいる:深呼吸しない、指先は指腹だけでなく指尖まで押し付けた方が良い
同じ日同じ時刻でも血管年齢の前後10歳くらいは平気で前後するので、何を信じていいのかわからない

同じ日同じ時刻でも血管年齢の前後10歳くらいは平気で前後するというのは気になる情報。

どのような分析で測定されているのか?

同じ商品でないかもしれないので、まったく同じかどうかは微妙ですが人差し指を差し込む測り方が同じなので、たぶん似たものかと。

その商品にはこのように記載をされています。

血管年齢測定については、加速度脈波(=APG)による測定。

加速度脈波(APG)とは、指先から得られた脈波を2次微分したもので血液循環と血管状態を解析する検査です。

測定項目は、

  • 拍出強度
  • 血管の弾力性
  • 残血量
  • 血管の健康段階(7段階評価)

 

ストレス分析については、心拍間変異分析(=HRV)による測定。

心拍間変異分析(HRV)とは、HRVは心拍の変化を指し、体内外的環境に影響を受ける自律神経の恒常性調整メカニズムを追跡する手段として国際的に公認された最も有効な理論ということです。

測定項目は、薬局に置いていたものだと、

  • 身体的ストレス
  • 精神的ストレス
  • ストレス対処能力
  • 疲労度
  • 心臓安定度

が主なもので、ストレス点数や自律神経の均衡度が示されていました

測定方法としては、専門家ではないので詳しくはわからないですが、「国際的に公認された最も有効な理論」ということで正確性は低くはないはずです。

まとめ

近所のマツモトキヨシに行ったので、ついでに血管年齢測定をやってみました。

実年齢より10歳以上も若い血管年齢だったのでそれほど心配がないのですが、前回より悪かったので測定器の正確性が知りたくなりました(笑)

調べた結果、ある程度の信頼性はあるのかなと感じています。

セミリタイア生活をしている身として、身体的ストレスと精神的ストレスが少ないことと、ストレス対処能力が低いのには妙に納得(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です