マリオットボンヴォイカテゴリー変更2020 お得なホテルを探してみた

マリオットカテゴリー変更

スポンサーリンク


マリオットボンヴォイ参加ホテルのカテゴリー変更が2020年の3月4日に行われます。

無料宿泊のためのポイント数が、カテゴリーをベースによるため、どのカテゴリーに入るかはとても重要です!

カテゴリー変更は毎年行われていますが、2020年度版でランクが下がるホテルは要注目ですよね!

今回の変更によって、価値が高そうなお得なホテルを探してみました!!

スポンサーリンク



無料宿泊必要ポイント数

まずはマリオットボンヴォイの無料宿泊の必要ポイント数を再度確認していきます。

カテゴリー  オフピーク   スタンダード  ピーク 
1 5,000 7,500 10,000
2 10,000 12,500 15,000
3 15,000 17,500 20,000
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

いろんな考え方があるでしょうが、私なら狙うのはカテゴリー4まで。

そもそも私は休みの融通がきくので、特にピークシーズンを選ぶ必要ありません。

そうするとオフピークでカテゴリー4と5の差は10,000ポイントですが、4以下は下位カテゴリーとの差は5,000にとどまります。

またスタンダードもカテゴリー4と5の差は10,000ポイントですが、3以下は下位カテゴリーとの差は5,000で、4と3が7,500です。

カテゴリー4ならオフピーク、カテゴリー3以下もできればオフピークが良いですがスタンダードも仕方なしという感じです。

たしかに超高級ホテルも魅力なのでしょうが、それだけのポイントを使うのなら無料宿泊の数を増やします。

無料宿泊が多くなると、それだけ他の出費に回せ自分の経験値を増やす事ができますから。

経験値を高めて、自分が最上位カテのホテルに宿泊するのにふさわしい人間だと思えるようになれば、泊まってみたいと思います。

それまではSPGアメックスの無料宿泊特典の利用分やお得なホテルの宿泊で背伸びは十分。

お得なホテルを探してみた 国内編

今回のカテゴリー変更によるお得な国内のホテルを探してみました。

お得ということなので、カテゴリーが上がるホテルはほぼ眼中になく、カテゴリーが下がるホテルに注目をしてみます。

2020年の改定でカテゴリーがダウンする国内のホテルはこんな感じ。

  • フォーポイントバイシェラトン函館 4→3
  • シェラトン都ホテル東京 6→5
  • モクシー大阪本町 5→4
  • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5→4
  • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 5→4
  • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5→4

 

シェラトン都ホテル東京は、すみませんダウンしても全く興味がないですが、その他はそれなりに興味深いダウンです。

お得度トップはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

一番の目玉はシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのカテゴリー4。

宮崎のリゾートホテルですが、オーシャンビューの客室が魅力ですし、温泉もあり、プラチナ会員ならアップグレードやラウンジ利用もできてさらにパワーアップ。

こんなホテルがカテゴリー4なら、マリオットプラチナ修行熱も再び上がるかもしれません。

ウェスティンホテル淡路も良いかな

続いてお得かなというのが、ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス。

※2020年9月末でマリオットより脱退しました

リゾートホテルって、都心のホテルと違って一人で行くというわけではなく、恋人や嫁や家族と行きますよね?

そうなると、予定もパートナーに合わせる必要が出てきます。

リゾートホテルはオフピークと皆んなが泊まりたいと思う時との価格差が大きく、週末などはよりお得に泊まれます。

また、平日の稼働率が低い時にアップグレードを狙ってみるのも良いかもです。

カテゴリー4はできればオフピークで泊まりたいですし。

2つのホテルは、自転車やドローンが趣味の私にとってはともに好都合の立地です。

新規ホテルのカテゴリーに注目

その他のホテル、つまりフォーポイント函館、モクシー大阪本町、神戸ベイシェラトンはここで無料宿泊を利用するより別の意味で、今回の結果に注目をしています。

というのも函館と神戸はけっこう有償で泊まっても安めな時も多いので、泊まるのなら有償でも良いかな。

また、モクシー大阪本町に関してはそもそも有償でも無償でも泊まりません。

地元ということもありますし、以前のカテゴリー5は高すぎでカテゴリー4でもそれほどお得だとは思いません。

では、何に注目するかという今年秋以降に控えている新規開業ホテルのカテゴリーです。

積水ハウスとマリオットが手を組んで、ロードサイド型ホテルを相次いで2020年の秋に開業をします。

フェアフィールドブランドになりますが、これらのホテルのカテゴリーが当初は4ぐらいになるのではという予想がありました。

しかし、今回のカテゴリー変更で日本でもカテゴリー3のホテルが出てきて、フェアフィールドより格の高いシェラトンでも4が出てきています。

立地的にも大阪本町や神戸のホテルがカテゴリー4ですから、ロードサイド型のホテルは当初ほとんどが3でスタートするのではないかと予想します。

ロードサイド型は苦戦?

道の駅等にできるロード型のフェアフィールドですが、地方創生という意味では応援もしているし、成功もしてほしいですが苦戦も予想されます。

少なくとも稼働率が日によってかなり変化があるような気がしますし、かなり安く泊まれる時もありそう。

京都南山城の予定地は、私がサイクリングやドローンを飛ばしに行く場所から近く、サイクリングのついでにマリオット修行でもできます(笑)

【サイクリング】鹿を見に大阪から奈良へ 坂を避けて自転車で行く方法

そして開業から少し年月が経つと 目新しさがなくなり、ホテル自体も徐々に老朽化もするでしょう。

そうなれば、アメリカやカナダのようにたくさんのカテゴリーが低い郊外型ホテルが出現するのではないかと期待できます。

歳をとってきて、ちょっと海外旅行はしんどいなと思う頃に日本で修行ができればちょうど良いですw

お得なホテルを探してみた 海外編

マリオットの無料宿泊でお得なホテルというと、日本より海外の方が断然多いです!

カテゴリーのランクがダウンしたホテルではこんなお得なホテルがありました。

  • Delta Hotels Shanghai Baoshan (デルタ・ホテル上海宝山)
  • Sheraton Harbin Xiangfang Hotel(シェラトン・ハルビン香坊ホテル)
  • Sheraton Qingdao Jiaozhou Hotel(シェラトン青島膠州ホテル)
  • Sheraton Shenyang South City Hotel(シェラトン沈陽南市ホテル)
  • Le Méridien Heliopolis(ルメリディアン・ヘリオポリス)
  • Le Royal Méridien Chennai(ロイヤルメリディアン・チェンナイ)
  • Putrajaya Marriott Hotel(プトラジャヤ・マリオット・ホテル)

 

上記のホテルは全てカテゴリー2から1にダウンしました。

中国のホテルは、カテゴリー1のホテルはたくさんありますが、上記のホテルは中国の観光に適した都市からちょっと不便な場所のホテルばかりです。

ホテルステイを存分に楽しむのなら郊外でも問題がないでしょうし、たまに観光地に出かけて行けば気分転換にもなります。

中国はコロナウィルスの騒動が収まった時期は狙い目です。

中国以外のホテルは、エジプト・カイロ、インド・チェンナイ、マレーシア・KLと全てマイル修行でお世話になりそうな都市ばかり。

それぞれ空港からもアクセスが良いので、マイル修行とホテル修行のセットに最適!

セントレジスがカテゴリー3

続いて新しくカテゴリー2にダウンしたお得なホテルを紹介

  • Fairfield by Marriott Bali Legian(フェアフィールド・バイ・マリオット・バリ・レギャン)
  • Four Points by Sheraton Bali, Ungasan(フォーポイントバイシェラトン・バリウンガサン)
  • Sheraton Taitung Hotel(シェラトン台東ホテル)

 

バリ島はリゾートで高級ホテルは高めですが、無料宿泊なら旅費を節約できます。

特に、フォーポイントバイシェラトン・バリウンガサンは4から2のツーランクダウンで狙い目。

シェラトン台東ホテルは、シェラトン、しかも台湾でカテゴリー2ならお得ですよね!

台東はアクセスはあまり良くないですが、観光も魅力的な場所もありこの機会に訪れてみるのもオススメです。

最後にカテゴリー3にダウンしたホテルでお得なのはこちら。

  • The St. Regis Tianjin(セントレジス天津)
  • The Westin Xi’an(ウェスティン西安)
  • JWマリオットジャカルタ

 

なんとセントレジスがカテゴリー3です!!

大阪のセントレジスがカテゴリー7ですから、カテゴリー3ならセントレジスに泊まるチャンス。

中国の天津なので、観光地としてもそれなりに楽しめますし、北京には高速鉄道ですぐです。

ウェスティン西安も世界的な観光地でしかもアクセスが良いウェスティンでカテゴリー3ですからスゴくお得です。

インドネシアは超高級ブランドホテルのJWマリオットが安くカテゴリーが低いことでも有名ですが、メダンやスラバヤなどの地方都市。

今回ジャカルタのJWマリオットがカテゴリー3になりましたので、グ~ンと泊まりやすくなりましたね!

ジャカルタはさらにシェラトン・グランデも3にダウンをしていますので、激安エリアバンドンとともにプラチナ修行に最適になりつつありますね。

まとめ

マリオットボンヴォイのカテゴリー変更によってお得なホテルを紹介をしました。

ポイント単価が良いというより直感的にお得かどうかで判断をしていまして、無料宿泊の回数を重視しているのでカテゴリーが低いホテルばかりを紹介をしています。

SPGアメックスでしっかりとポイントを貯めて、無料宿泊を効率的に利用すれば少ない出費で旅行を楽しむ事ができますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です