【新型コロナ対応】IHGリワーズクラブ上級会員達成基準を引き下げ スパイア資格のチャンスかも

IHG

スポンサーリンク


新型コロナウィルスの影響で旅行や出張の需要が大幅に減退していますが、この状況はしばらく続きそうです。

IHGリワーズクラブは、私も利用をしていますが上級会員の達成基準を引き下げるというニュースが流れてきました(≧▽≦)

この引き下げによって、実は私はゴールドエリートまで残り122ポイントと次の滞在で達成をする事になりました!

ホテル修行などIHGリワーズクラブのエリート資格を目指す人は、戦略を見直してより高いエリート資格をゲットするのも良いかも。

新型コロナウィルスの対応として、4月末までの宿泊のキャンセル料を無料とすることも明らかになっています。

スポンサーリンク



IHGリワーズクラブ上級会員達成基準を引き下げへ

IHGリワーズクラブはインターコンチネンタルやクラウンプラザ、ホリディ・インなどを有するホテル会員プログラムです。

外資系のホテルグループならではのお得な会員制度が用意されていて、特に上級会員になるとそのメリットが大きくなります。

IHGリワーズクラブの会員プログラムの詳しい説明はこちらのページでまとめています。

IHGリワーズクラブはポイントが貯まりやすさが魅力 エリート会員にも簡単になれる

今回発表された新型コロナウィルス対応として、今年は上級会員資格のハードルが低くなります。

具体的には獲得ポイント数や宿泊数を25%以上減らすことになります。

これによって、一時的に旅行や出張を取りやめることにより、上級会員資格ができないという事態を防ぐ意味がある様子。

私の場合は、今年はゴールドエリート資格を得ることを半ばあきらめていましたが、棚ぼたでゴールドをゲットする見込みです。

2020年上級会員達成基準

具体的な今年2020年度の上級会員達成基準ですが以下のようになっています。

  • ゴールドエリート資格 従来10泊 or 10,000ポイント → 7泊 or 7,000ポイント
  • プラチナエリート資格 従来40泊 or 40,000ポイント → 30泊 or 30,000ポイント
  • スパイアエリート資格 従来75泊 or 75,000ポイント → 55泊 or 55,000ポイント

 

この数字を見て思ったのですが、ゴールドといわずスパイアを一気に狙うのも悪くないかも。

プラチナでとどまるぐらいでしたら、スパイアまで行くほうがずいぶんとお得なような気がします。

スパイアを狙ってみるとこんなにお得

私は現在7,000ポイントぐらいは貯めていますが、スパイア資格を狙うとなると今年中に48,000ポイントを稼ぐ必要があります。

3,000ポイントのボーナスパッケージをつけるとして、どれくらいの宿泊数が必要かをシュミレーションしてみました!

スパイア修行をできるだけ少ない予算でクリアするとなると、グループの中でも安価なホリディ・インエクスプレスが最適。

さらにホリディ・インエクスプレスが安い国となると、マレーシア、インドネシア、中国辺りが狙い目です。

今年は特にこちらの乗り放題パスを購入しているので、上手くいけば交通費をかなり節約できる可能性があります。

エアアジア乗り放題パスを購入できた マレーシア入国禁止拡大が心配だけど…

乗り放題パスを使うとなるとクアラルンプールがもちろん一番便利ですが、毎回KLだけだとちょっと飽きそう。

ホリディ・インエクスプレスが安いところだと、ジャカルタなどのインドネシアなど。

そこでKLやジャカルタで修行をするとしましょう。

3,000ポイントのボーナスパッケージをつけても平均宿泊単価6,000円ぐらいは可能で、1泊で約3,400ポイントぐらいが貯まるとしましょう。

48,000ポイントを貯めるためには、だいたい14泊が必要です。

6,000円×14=宿泊予算がたった84,000円!!

これでIHGリワーズクラブの最上級資格のスパイアが取れるとなるとスゴくお得です。

さらにポイントも稼げる

支払い金額の少なさもさることながら、ポイントもかなり貯まります。

ポイントも資産と考えると、実質の費用もさらに安くなりますね。

スパイアエリートの特典のひとつに、「特別選択式特典」がありますが、25,000ポイントを選べます。

つまり、8万円~9万円の予算で75,000ポイント近くは貯まるわけです。

もしキャンペーンなどを利用すればもっとポイントを貯めることができるだろうし、クレジットカードのポイントも貯めることができます。

1ポイント=1円でポイントが使えればキャッシュバックみたいなもんだな(笑)

そこまでのポイント単価はIHGでは厳しいですが、0.6円ぐらいなら十分イケそう。

仮に80,000ポイント貯まるとして、48,000円ぐらいの価値はバックされると思うとかなりの低予算でスパイアエリートになることができます。

2020年中にスパイアになったとして、有効期限は翌年の12月末日。つまり2021年中はスパイアのメリットを受けることができます。

2021年に国内のIHG系ホテルに泊まって、おもてなしを受けられるしボーナスポイントが100%なのでポイントもさらに貯まります。

4月末までの宿泊のキャンセル料無料

新型コロナウィルスによって、やむなく宿泊をキャンセルしなければならないという人はいますよね?

私も2月~3月にかけての旅行をキャンセルしたのですが、多くはキャンセル料は無料でした。

IHGも4月末までの宿泊のキャンセル料金を無料となるようなので、

さいごに

IHGリワーズクラブが新型コロナウィルスのため上級会員資格のハードルを今年に限って下げてきたのは、見方を変えるとエリート資格ゲットのチャンスです。

日本の感染者数が減少し、滞在先の国の感染者数も落ち着きを見せるとチャンスです。

需要減退で宿泊レートも抑え気味になるでしょうし、上手くいけばとてもお得にスパイアエリートになれるかもしれません。

私はIHGのエリート資格はしょぼいのであまり気にはしていませんでしたが、ちょっと狙って見ようかなとも思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です