マリオットのプラチナチャレンジ2020のルール 方法と最適な時期

マリオットボンヴォイ

スポンサーリンク


注意 プラチナチャレンジの受付を一時中断しています。

1月5日現在プラチナチャレンジの受付を一時中断をしています。

現在プラチナチャレンジが再開しています。

私もチャレンジの申込みができず少し困惑をしていますが、マリオットのコールセンターに確認をしても今後は未定とのことです。

なお、英語ですがこんな情報もあります。

本年度になっても引き続きマリオットのプラチナチャレンジを継続しているとの情報。

90日以内に8泊のゴールドチャレンジもあることも言及してかなり具体的な内容。

今後はなんともいえないですが、日本のマリオットが本国のマリオットの指示によって動くとなると近々受付を再開するのではないかと楽観視はしています。

引き続き何か動きがあればご紹介します。

マリオットボンヴォイのエリート会員になると、たくさんのオイシい特典を手に入れることができます。

特にプラチナ以上のステイタスになることで、ラウンジの利用ができたり、部屋のアップグレードがスイートを含んだりと大きなメリットがあります。

プラチナエリートになるには、通常高いハードルがありますが、出費もかなり必要です。

高い出費を嫌ってプラチナは諦めているという人もいるでしょう。

そんな人でも「プラチナチャンレジ」を利用すると比較的楽にプラチナに到達します。

プラチナチャンレジを挑戦するにも、しっかりとルールを知って、自分にあった方法と時期を選ぶことが大事。

プラチナチャレンジ挑戦前に、ルールや自分にあった方法や時期をしっかりと頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク



プラチナチャレンジのルール

マリオットボンヴォイのプラチナエリートになるには、マリオットグループのホテルに通常50泊以上の宿泊をする必要があります。

50泊というと月に4泊を毎月、フルタイムで働く人なら毎週休みの時に1泊をして、だいたいクリアする条件。

これって出張の多いビジネスマン以外は、なかなか難しくないですか?

しかしこれがプラチナチャレンジなら、

たった16泊でOKになります!!

3分の1以下の宿泊数で大丈夫ですから、費用もグ~ンと少なくてすみますから、他の好きなことにお金を使うことだってできますね。

ただし、通常だと1月から12月までの暦年に宿泊実績を積み上げることが必要がですが、プラチナチャレンジの期間は特別で短めです。

プラチナチャレンジの期間

プラチナチャレンジは16泊の宿泊実績だけで、マリオットボンヴォイのプラチナエリートになれます。

通常のように1年間という長い期間ではなく、グ~ンとその期間は短くなり、

申し込み月+3カ月になります。

つまり、例えば1月初めにプラチナチャレンジの申込みをすれば、4月末までの約4ヶ月の期間になります。

しかし、1月終わりに申し込みをすれば、4月末までの約3ヶ月です。

このように申込日によって、最長で1ヶ月ほどの期間の違いがあるので、月初めに申し込むのが鉄則。

また4ヶ月という短期勝負なので、できるだけ忙しくない時を避けるのも大切です。

また、少ない予算で達成できるようにホテルの宿泊が安い閑散期を狙えれば理想的ですね!

同じプラチナになるにも、できるだけ安い費用で手に入れるにこしたことはないですから。

プラチナエリートを維持できる期間

プラチナチャレンジで無事プラチナエリートになったとして、どれくらいの期間エリート資格を維持できるかは大事ですね!

当たり前ですができるだけ長い方が良いに決まっていますよね!

苦労は少なかったけど、美味しい思いをする時も短いなら悲しいですよね(T_T)

プラチナチャレンジでゲットした、プラチナエリートステイタスですが、

達成日から1年間+次の1月31日まで続きます。

つまり最低でも1年以上はプラチナエリートでいられるわけですが、具体例を紹介しないとちょっとわかりにくいので具体例で説明をします。

例① 達成日が2020年12月30日の場合

この場合、1年後の2021年12月30日の1年と次の1月末までが有効期間となります。

つまり、2020年12月30日〜2022年1月31日の間がプラチナエリートでいられる期間です。

ちょっとややこしいですが、実質は2021年1月から2022年1月末までのおよそ1年間ということでうすすね。

例② 達成日が2020年2月2日の場合

この場合、1年後の2021年2月2日の1年と次の1月末までが有効期間となります。

つまり、2020年2月2日〜2022年1月31日まで間がプラチナエリートでいられる期間!!

ということは、およそ2年間ほどプラチナエリートステイタスを維持できるわけです。

このように2月にプラチナエリートになるように仕向ければ、最も長くプラチナエリートでいられるわけです。

プラチナチャレンジを開始すべき時期

プラチナチャレンジでプラチナエリートになるなら、2月がベストなわけですが、そうするといつプラチナチャレンジを開始すれば良いのでしょうか?

2月になるように逆算して考えてみましょう。

プラチナチャレンジの期間は、「申し込み月+3ヶ月」ですから、11月に申し込みをすると2月までということになります。

つまり、11月初めにプラチナチャレンジの申込みをして、翌年2月に達成をすればちょうど良いわけです(≧▽≦)

まさにこの記事を書いている今頃にプラチナチャレンジを申し込みをすれば、ちょうど良いわけですね!

ただ、間違って1月に達成をしたらダメですよ👎

ちなみに私の場合は1月にプラチナチャレンジを開始しますが、これは12月にフィリピンプエルトガレラに旅行に行く予定があるからです。

マリオットプラチナチャレンジの狙い目ホテル 激安修行香港・深セン・東莞・鄭州を計画

エアアジア全便最大70%OFFのセールで12月のフィリピン旅行を決めた

プエルトガレラにはマリオット系のホテルがありませんから、修行ができません^^;

またマニラは高級ホテルが高めなのであまりコスパが良くありません。

フィリピン旅行がホテル修行に向いていないのに加えて、さらに最悪な場合も想定をしています。

仮に何らかの理由でプラチナチャレンジを失敗をしても、50泊をしてプラチナになるケースもなくもないからです。

その保険として、11月からではなく年を明けた1月からの開始を選びました。

現在はプラチナチャレンジはタイミングが悪かったのでやめましたが、今年11月に再度挑戦をするかを検討中です。

プラチナチャンレジの申込み方法は電話のみ

プラチナチャレンジの申込みに適した時がわかったのですが、申込みはどのようすれば良いのでしょうか?

最近はほとんどのことがネットで完結しますが、申込みはネットではダメで、下記の番号に電話するのみです。

03-5423-6726

電話をすると最初は自動音声で、それに従うと、オペレーターとすぐに繋がります。

オペレーターに、プラチナチャレンジをしたい旨を伝えればオッケーです。

ネットでできないわずらわしさはありますが、とても簡単ですねよ!

プラチナチャレンジの参加資格

プラチナチャレンジに参加するためには、以前はゴールドエリート資格が必要でした。

しかし、現在はマリオットボンヴォイの一般会員でも参加可能です。

一般資格でプラチナチャレンジに挑戦しても良いのですが、より特典が大きい方が多く泊まるほど価値があります。

実はSPGアメックスカードに入会すると、自動的にマリオットボンヴォイのゴールドエリート資格を得られます。

SPGアメックスは、プラチナチャレンジに一見必要がないかもしれません。

高いカードの年会費を払うぐらいだったら、ホテル修行のための費用に使いたいという感じにもなるでしょう。

しかし、ゴールドエリートでもレイトチェックアウトや部屋のアップグレードが期待できるんです。

レイトチェックアウトや部屋のアップグレードでより快適なホテルライフを遅れるはず。

また、ボーナスポイントがあったり、SPGアメックスでより多くのマリオットボンヴォイポイントを稼げます。

マリオットの魅力は、このポイントの貯まりやすさもあるのです。

特にSPGアメックスカードを使うと、ポイントの貯まりやすさが加速します。

入会でもらえるポイントも大きいし、SPGアメックスを持って修行をするほうが絶対良いですよ!

マリオットをたくさん利用するのなら必須のクレジットカードですし、他のクレカと比べても高還元率でポイントが貯まるのは魅力です。

プラチナチャレンジのその他の注意点

プラチナチャレンジを目指す人にとって、その他の注意点があるので紹介をしておきます。

ポイント宿泊は対象外

まず、宿泊ですが有償利用での宿泊が対象で、ポイント宿泊はプラチナチャレンジでは対象外です。

通常マリオットボンヴォイでは、ポイント宿泊も宿泊数にカウントされますので、ちょっと混同しそうな点です。

1人1回までの参加で2021年12月末まで

現在実施しているマリオットボンヴォイのプラチナチャレンジですが、2021年12月末日までを予定しています。

また、プラチナチャレンジは1人1回までの参加に限られます。

となると、プラチナチャレンジを開始するのに良いのは、今から数ヶ月と来年の11月から数ヶ月間ということになりますね!

思い立ったが吉日で今動き出すのが、よりリッチなホテルライフを送れる期間が長くなりますよ!

まとめ

マリオットボンヴォイのプラチナチャレンジ2020年の概要を紹介をしました。

ポイントとしては、

  • プラチナエリートになるには16泊が必要
  • プラチナチャレンジの期間は「申し込み月+3ヶ月」
  • 申込みは電話のみ
  • プラチナエリートを維持できる期間は達成日から1年間+次の1月31日まで
  • 2月にプラチナになるのがベストで、開始に適しているのは11月初め
  • 参加資格は一般会員でも可だがSPGアメックスカードを持って快適に修行すべき
  • プラチナチャレンジは2021年12月末日まで、その後は未定。参加は1人1回まで。

 

プラチナチャレンジのルールをしっかりと叩き込み、自分にとって最適な時期を選択してチャンレジしてみてください。

なお、プラチナエリートの特典やマリオットボンヴォイの基本的な情報はこちらのページで紹介をしています。

マリオット・SPGの会員制度「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」ポイントの貯め方と使い方

マリオットのプラチナエリートになって、快適なホテルライフを手に入れてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です