【スリ被害】マニラのストリートチルドレンにスマホをやられた

スリ

スポンサーリンク


マニラに到着後、さっそくスリにやられてしまいました^^;

しばらく日本の生活に慣れてしまってか無防備でした…。

私の過去の経験では、ストリートチルドレンは物乞いはするけど、スリをするというイメージはあまりありませんでした。

今回マニラのストリートチルドレンにやられて、情報を調べるとマニラではよくあることみたい。

事前に情報を知っていれば、もっと十分に警戒をしていたし、盗られた場所を考えると取り戻すチャンスもあったかもと思うとちょっと悔しいです。

私のような経験をしないように、今回の状況を紹介したいと思いますね。

スポンサーリンク



マニラのストリートチルドレンは怖い

今回フィリピン・マニラを初めて訪れたわけですが、昔ワーホリやバックパッカーで海外経験もあるため、大丈夫だろうという自信のようなものがありました。

過去にストリートチルドレンに物乞いをされることは多くの国で数多くありました。

しかし、マニラのストリートチルドレンは自分の中ではちょっと違ってました。

初日は近くの両替所の両替レートが良いという情報を聞いて、マラテのタンバヤン・カプセルホテルに宿泊。

マラテというと一般の旅行者にとっては敬遠されがちですが、バックパッカーなど旅の経験値が高めの人にとっては安くて便利な場所。

周辺は私の中では治安は、まあこんなもんかなという感じでしたが、ストリートチルドレンの存在に関してはちょっと予想を超えるものでした。

ストリートチルドレン2人に執拗に絡まれた

夜の21時をまわっていたので、基本表通りを歩いていたのですが、ちょっと道を間違え近道のためちょっと裏道を通りました。

その道の辺りで人相の悪そうなおっさんがいるなと思ったのですが、突然ストリートチルドレンが現れ、執拗に絡んできました。

それはもはや物乞いという感じではなく、強引に金品を得ようという感じです(*_*)

後から思ったのですが、身体をくっつけてきて、私の金品を奪おうとしてたんじゃないかもしれないですね。

そしてこの時はなんとかなったのですが、その後事件は起こります…。

ホテルの前のストリートチルドレン

その後は、ホテルからすぐのロビンソン プレイス モールに寄って、フィリピンの物価感覚やお土産にいけそうなものを探しました。

タンバヤン・カプセルホテルは、このモールにも近く、LRTの駅からも5分程度の距離。

モールの前にはUBE EXPRESSのバスも止まっているのを見たので、タクシー以外の空港アクセスを使いたいという人には便利な立地。

便利な立地の安宿を探しているのなら悪くない選択で、バーが併設していますが思ったよりも夜はうるさくなかったです。

パンだけの質素だけど一応朝食もついているし、ざっくりいってドミトリーなら1,000円、シングルの個室で2,000円ぐらい。

このホテルの前にストリートチルドレンがいて、物乞いをしていました。

さっきのストリートチルドレンと違い、まだおとなしいものだったので、私も軽くあしらう感じでした。

その時、私のスマホが地面に落ちます。

自分では誤って落としたか、ストリートチルドレンに接触した際に落ちたと思い、何気なくスマホを拾います。

そしてそのまま部屋に帰ると、2台持ちのもう一台のスマホがありません(*_*)

なくなったのは最近買ったこのスマホ(T_T)

【OPPO A5 2020レビュー】超広角4眼カメラ&5,000mAh大容量バッテリーが魅力のスマホ

あろうことか、日本でいる時のようにスマホをお尻のポケットに2台入れていたんです(*_*)

目の前のモールで写真を撮る機会があり、すぐそこがホテルということもあり気が緩見ましたね。

もう大丈夫と。

おそらくストリートチルドレンがスマホをスッた時に、もう一台のスマホが落ちたんじゃないかと。

急いでエントランスに戻るが時すでに遅し(*_*)

スマホは帰らるものとなってしまったよ…。

防げたアクシデント

今回のスリはいろんな意味でも防ぐことができたアクシデントです。

何もポケットに財布やスマホを入れて歩くこともなく、ボディバックに貴重品を入れて持ち歩けば良かった。

ボディバックを背中に抱えるでのはなく、胸の前で持てば少なくともスリの防止にはかなり役立ちます。

よく現地の人がやっているようにね!

この時は周囲が治安の悪いことがわかっていたので、バックに入ったカメラなど余計な貴重品を持ち歩きたくなかったという気持ちが働きました。

そしてバックを部屋に置いて、財布、パスポート、スマホ2台をジーンズの前のポケットに入れて歩きました。

その行為がアダとなってスマホを1台すられることになってしまいました…。

今まで海外で物を盗られる未遂はあっても、何かを盗られた経験がなくちょっと調子に乗っていたのかもしれませんん。

取り戻すこともできたかも

また、スマホがスられた時にもう一台のスマホが落ちたわけなんで、とっさにもう一台の存在について気づいたはず。

しかし、私はてっきりもう一台は前ポケットに入れているという意識が働いたし、子供と接触してスマホが落ちたのかと思い込んでいました。

その瞬間すぐにスマホがないことに気づけば子供に言い寄って取り戻すこともできたかもしれません。

基本的には取り戻すのはNG

スリから盗まれたものを取り戻す行為は基本的にはNGです。

自分も取り戻した経験がかつてありますが、反撃にあって金品では済まず、命に関わるような事態が起こるかもしれません。

だから基本は取り戻しはダメなんですが、今回はホテルの前ということもありセキュリティがいる場面でした。

すぐさまセキュリティに助けを求められば、上手く対応してくれた可能性は高いです。

とっさに判断ができなかったことは悔やまれますが、良い勉強になりましたね。

再び緊張感を持ちながら、海外へ行くようになるでしょうから。

最近海外に行っても、昔のように緊張感が薄れてきています。

初めての海外はアメリカでしたが、本当に警戒と緊張をしていましたから。

パスポートや貴重品をお腹に隠して持っていましたね。

でも、今はまったくお構いなし。

パスポートはお尻のポケットを入れることもけっこうあります^^;

これでは治安の悪い所では、いつ犯罪に巻き込まれてもおかしくないですよね!

ちょっとスマホをなくしたことは痛いですが、この情報が私や他の人に役立てば良いかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です