韓国経由日本で国内旅行のススメ LCCの激安運賃やマイルを活かす

大韓航空

スポンサーリンク


日本の交通費は世界でも高いと言われています。

LCCの登場によって、その状況にも変化が見られるようになってきましたが、世界と比べるとまだまだです。

東海道新幹線なんかは、ほとんど割引もなく大阪と東京まで片道14,000円ほどかかってしまいます。

そんな国内の高い交通費ですが、海外行のLCCはセールを利用することで、激安価格で購入することが比較的簡単にできます。

このLCCのチケットを単純往復ではなく、復路の目的地を変えることで、韓国を経由して、日本の旅を格安で楽しむことができます。

また、特典航空券を利用すれば、実質無料で海外・国内旅行をダブルで堪能することだって。

スポンサーリンク



韓国を行き来するLCCは安い

韓国を行き来するLCCはとても安いです。

距離も、日本国内とさほど変わらないですし、需要に対する供給がちょっと過剰気味という点もありますしね。

さらに、最近は日韓関係の悪化によって、多少搭乗率も厳し目になってきていますし、なおさら安い傾向ありそうです。

セールも頻繁に行われている

韓国行のLCCはセールも頻繁に行われています。

セールを利用することで、常識では考えられないような価格で航空券を手に入れることだってできます。

例えば、今回私は関空から釜山までの往復チケット購入しましたが、その総額が10,290円でした。

片道ではなく往復の総額がです。

その料金の内訳がこんな感じです(すべて往復での料金)。

  • 運賃3,000JPY
  • 燃油サーチャージ1,000JPY
  • 空港施設使用料6,290JPY

 

運賃だけだと、たったの片道1,500円です。燃油サーチャージをつけたとしても片道2,000円。

東京からJR在来線に乗って、小田原までが1,490円、熱海までが1,940円ですから同レベルということになります。

国際線ですから空港施設使用料がけっこうかかりますが、それでも片道でコミコミ5,000円程度です。

韓国を経由して日本を旅する

韓国へ行き、そのまま出発地に戻って来るのではなく、違う場所へ到着すればどうでしょう?

例えば関空から釜山やソウルに飛び、釜山やソウルから東京や福岡、沖縄に行くという感じですね。

関空 → 釜山・ソウル → 東京・福岡・沖縄など

LCCだけでなく大韓航空も含めると、日本全国いろんな空港から発着をしています。

国際線なのでプライオリティパスで豪華なラウンジを利用できる

LCCといっても、プライオリティパスを持っていれば国際線なので豪華なラウンジなどを利用することだってできます。

【プライオリティパス】関空ぼてぢゅうでお腹いっぱい無料で食べたで

【プライオリティパス】関空KALラウンジを訪問 営業時間や混雑時は注意

国内線だと、カードラウンジでソフトドリンクは飲めるものの食事はありません。

せいぜいちょっとしたおつまみがあるぐらいですからね^^;

この空港のようにサービスが良い所もあるにはありますが…。

熊本空港カードラウンジはビールに焼酎が無料で飲めるよ おつまみもあるので最高

韓国経由だと、国際線のラウンジを使えるだけでも、メリットは大きいですよね!

日本の空港では、プライオリティパスで使えるラウンジがややしょぼかったりしますが、韓国のソウルだとすごく豪華なラウンジも利用できます。

特典航空券を使えばさらにお得に

航空会社の特典航空券を利用すれば、実質無料で航空券を手に入れることができます。

特典航空券も、単純往復ではなく出発地と発着地を異なる所にすれば、韓国経由、日本のどこかに旅行することだってできます。

ただ、ANAやJALの特典航空券を使うと、他の使い道の方が良いため、少々もったいないです。

でも、デルタ航空のスカイマイルなら、韓国行の特典航空券はとてもお得なのです。

というより、他の行き先が改悪によって、より多くのマイルが必要になって、韓国行しかなかなか良い使い道がないとも言えますしね。

日本~韓国のデルタスカイマイル特典航空券の必要マイル数はこんな感じになっています。

  • エコノミークラス  片道 7500マイル 往復 15000マイル
  • ビジネスクラス  片道 15000マイル 往復 30000マイル

 

片道から発券できるので、行きはLCCを使い、韓国からの帰りだけ特典航空券でということもできます。

また、往路と復路でエコノミークラスとビジネスクラスを分けても良いですね。

ちなみに日本~韓国のスカイマイル特典航空券は、大韓航空を利用することになるでしょうが、燃油サーチャージはかかりません。

また、ソウルからの大韓航空は以下のような日本の多くの都市に就航しているので、いろんな韓国経由日本旅を楽しめます。

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 新千歳
  • 福岡
  • 旭川
  • 青森
  • 新潟
  • 小松
  • 岡山
  • 大分
  • 鹿児島
  • 那覇

 

まとめ

日本の国内の交通費はまだまだ高めです。

国内旅行と比べると、海外旅行の方が安いというのも、まだまだ日本の国内の交通費が高いからという理由もあります。

日本と韓国を結ぶLCCや特典航空券を利用することによって、国内運賃よりも韓国を経由する方がかえって安くなるという場合もあるでしょう。

韓国を経由すると国際線なので、空港施設使用料などが必要ですが、それでも空港ラウンジを利用することで、その元は取れるでしょう。

韓国を経由して、日本をお得に旅をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です