マニラの電車(MRT・LRT)の利用法 治安や料金、乗車方法など徹底解説

マニラ電車

スポンサーリンク


フィリピンのマニラというと治安があまり良くないので、電車など公共交通機関は利用しないという人はけっこういますよね?

ただ、マニラは時間帯や道によってはけっこう渋滞をするので、タクシーに乗っても余計な時間がかかったりします。

そのため電車を利用した方が早く到着するなんてことがけっこうあります。

12月にフィリピンに行くことが決まりましたが、マニラの電車の利用方法ついて徹底的に調べました。

心配な治安面や料金、乗車方法など、海外では公共交通機関ばかりを利用する私が解説をします。

スポンサーリンク



マニラの電車の種類

マニラには現在、以下のような4つの電車があります。

  • LRT(Light Rail Transit)Line1
  • LRT(Light Rail Transit)Line2
  • MRT(Metro Rail Transit)Line3
  • PNR(Philippine National Railways)

 

PNR(Philippine National Railways)は、フィリピンの国鉄。

フィリピンの国鉄は以下の路線図を見てもらってもわかりますが、それほど路線網は発達していません。

フィリピン国鉄路線図

出典 PNR Map

マップ中央の赤色の区間が運休しているため分断されていて、あまり使い勝手はよくありませんね~

かつては「ビコールエクスプレス」という長距離寝台列車も走っていましたが、今は運休区間があるため運行されていません。

マニラ首都圏からラグナ州カランバまでのメトロコミューターは、通勤列車としての役割もありますが1日の本数も多くありませんし、それほど旅行者にとって重要ではないです。

保線状態が悪くて脱線事故も多いし、利用はあまりオススメしません。

LRTとMRTは初めてのマニラでも使える

メトロ・マニラで走るLRTとMRTの高架鉄道は、初めてマニラに訪れる人でも手軽に乗れる交通手段。

鉄道に乗り慣れている日本人にとっては使いやすいし、料金も安く時間も正確なので使えます。

バスやジプニーの路線網が複雑でわかりにくいし、道路の渋滞もあるのでLRT/MRTを活用できるだけしたいです。

ただ、3つの路線だけしかありませんので、駅から距離がある場所は駅からタクシーなどの利用も考えると良いでしょう。

ここからはLRT/MRTについて詳しく紹介をしていきます。

LRT/ MRTの路線図

メトロ・マニラの便利な交通手段LRTとMRTの路線図です。

Manila metro

Laura Sun [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Manila_metro.svg

緑色の路線がLRT Line1、青色の路線がLRT Line2、黄色の路線がMRT Line3になります。

料金ときっぷの購入

LRTやMRTは以下のように路線ごとの料金体系になっています。

  • LINE1 15ペソ~30ペソ
  • LINE2 15ペソ~25ペソ
  • LINE3 13ペソ~28ペソ

 

上記の料金は、「Single Journey Ticket」という乗車ごとに購入するチケットの料金。

現在は「Beep Card」というICカードも導入されており、「Beep Card」利用の際には、料金が若干やすくなります。

LRTの料金やBeep Cardでの料金の情報はこちらのページで確認ができます。

Beepカードは20ペソで購入できて格安なので、数回利用するなら購入することをオススメします。

1回毎にきっぷを購入するのは面倒ですし、列ができたりして時間を無駄にする時もありますからね。

LRT/MRTの治安

フィリピンというと治安が悪いというイメージがあると思いますが、LRT/MRTの治安はどうなのでしょうか?

LRT/MRTの駅構内や車内の治安は、セキュリティチェックがあるため基本的には治安は悪くないです。

銃やテロなどの心配はそれほどしなくても良いでしょう。

ただし、まったく安全かというと、スリなどの被害の可能性はあり、特に混雑するときなどは注意をするようにしましょう。

また、駅構内や車内が安全であっても、駅周辺はスラム街などがあり危険な場合もあります。

駅から降りて雰囲気が悪いという感じるなら、目的地まで歩かずタクシーに乗るのも良いでしょう。

LRT/MRTの乗車方法

LRT/MRTの乗車方法ですが、それほど難しくないので心配することはありません。

日本との大きな違いは、駅に入る際のセキュリティチェック。

海外では地下鉄にセキュリティチェックがけっこうあるので、海外旅行経験が多い人などはもうおなじみかもしれませんね。

駅舎とホームは方面ごとにあるので、行き先の方面を間違えないようにすることが注意点です。

一度セキュリティチェックを通っても、反対方面だった場合はわざわざ反対方向に行かなくては行けないですから^^;

正しい方面のセキュリティチェックを通って駅構内に入った後は、下のような流れになり簡単です。

  • チケット売り場(Ticket Booth)でチケットを購入。チケットはトークンではなくカード式。

  • カードをゲートの右側にある丸い部分にタッチ

  • 電車は時刻表がありませんが、5分~10分程度とわりと頻繁に運行されています。電車が来たら車内へ。

  • 目的の駅に到着をしたら電車から降りてゲートへ。降りる時はカードをタッチするのではなく、差込口に入れます。

 

駅から降りたら周囲の状況に気をつけましょう。

まとめ

マニラの電車について紹介をしました。旅行者ならLRT/MRTが使い勝手もよく、実際に利用する時も多いでしょう。

路線図も単純ですし、乗り方も簡単でそれほど戸惑うことも少ないと思います。

治安も駅構内や車内でスリなどの心配はあるものの、セキュリティチェックがあるためテロや銃犯罪などの心配はそれほどありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ●アフィリエイト広告掲載のご依頼
    突然のブログからのご連絡で申し訳ございません。
    初めまして。投資情報サイトGogoJungle(旧fx-on)を運営しています株式会社ゴゴジャンの桑原と申します。
    ブログの記事を拝読しまして、是非私どもGogoJungleサイト内に出品されている様々な投資関連商品のアフィリエイト広告の掲載をお願いできないかと思いご連絡いたしました。
    報酬も商品販売価格の10%以上と高めに設定をしておりますので、是非ご検討ください。
    ただ、ブログによりましては、バナー掲載できない場合がございますので、
    恐縮ではございますが、ブログ運営会社の規約をご確認いただくよう宜しくお願いします。
    以下詳細を記載いたします。

    ★3分でアフィリエイト登録できます!
    https://www.gogojungle.co.jp/
    その他疑問点などがございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。
    株式会社ゴゴジャン 桑原
    hkuwabara@gogojungle.co.jp

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です