マニラ空港からバスとLRT/MRTを使ってマニラ市内へ 安く移動できてそこそこ便利

マニラ空港アクセス

スポンサーリンク


空港から市内へのアクセスはいろんな方法がありますよね!

空港から鉄道アクセスがあれば一番便利なのですが、鉄道アクセスがない空港はけっこうあります。

私は現地のローカルの人たちが好んで使う公共交通機関を使うのが好きで、ほとんどタクシーに乗りません。

フィリピン・マニラ国際空港から市内までは、ローカル風情が好きな人はバスとLRTを利用するのがオススメです。

スポンサーリンク



空港からシャトルバスでエドサ駅/タフト・アベニュー駅へ

マニラ空港からLRT/MRTの駅まではちょっと距離があり、徒歩で行くような距離ではありません。

ただLRT/MRTのLine1エドサ駅とLine3のタフト・アベニュー駅がある「トラモ」との間に「Airport loop bus」というシャトルバスが行き来しています。

ただしバスが出るのはターミナル3からであり、ターミナル3に発着する飛行機を利用する場合はそれなりに便利です。

しかし、他のターミナルに到着をする場合は、まずターミナル3に移動する必要があり、けっこう不便です。

LCCでもジェットスターは第1ターミナルの発着になりますが、セブパシフィックとエアアジアの国際線はターミナル3になります。

ターミナル3に発着することを理由に航空会社を選んでも良いぐらいですね!

私は実際にジェットスターは敬遠をして、往路はエアアジア、復路はセブパシフィックにしています。

料金は20ペソと格安

シャトルバスの料金は、1乗車につき20ペソ(42円ぐらい)と格安です。

6:00~23:00の間にだいたい20分~30分おきに巡回ってけっこう便利じゃないですか?

私の感覚ではね。

空港によっては安い交通機関を使えても、夜遅くは使えないという場合もけっこうありますしね。

バスの乗り場は?

「Airport loop bus」の乗り場は、こちらのサイトでも紹介をされているようにターミナル間を巡回するUBE EXPRESSのバス乗り場の隣になります。

第3ターミナルから別のターミナルに間違えて行ってしまうと面倒なので、乗り間違えのないように。

また、乗り場は変更することもありえますから、思った場所に乗り場がなかった場合は周りの人に聞くなり臨機応変に対応をしましょう。

実際にネットの情報と地球の歩き方などのガイドブックの情報が違う場合もありますしね。

なおバスがどんな所に到着するのかは、こちらの動画が参考になります。

市内からマニラ空港へ向かう逆ルートですが、なんとなく雰囲気はわかると思います。

バスが到着する場所は、アジアの雰囲気が漂っていて動画を見るだけでワクワクしてきます(≧▽≦)

飛行機が遅れたら変更も

シャトルバスとLRT/MRTで便利にマニラ市内まで行くことができますが、飛行機の遅延によっては他の交通手段を考えるべき時もあるでしょう。

ターミナル3を発着するセブパシフィックやエアアジアなどのLCCは特に遅延の可能性がありますからね!

遅延をした場合に夜間になりLCC/MRTの駅から夜道を歩くのが不安な人は、タクシーなど他の交通手段を考えた方が良いかもしれません。

また、大幅に遅延しそもそもバスが運行が終わってしまう場合もあるでしょう。

そんな事態も想定をして、あらかじめタクシーの乗り場や乗り方なども確認しておくと完璧ですね。

料金が高いバスもあるので注意

一部のブログでも紹介されているのを見たのですが、エドサ駅まで150ペソのバスを乗ったというものがありました。

たぶんUBE EXPRESSでしょうかね?

せっかくUBE EXPRESSに乗るのならホテルに近い場所まで乗っていきたいところ。

エドサ駅やタフト・アベニュー駅に行くのなら安いループバスで十分です。

まとめ

フィリピンマニラ空港の市内アクセスは、直接鉄道アクセスがありませんが、ループバスでエドサ駅やタフト・アベニュー駅付近まで行くことができます。

それぞれの駅からLRT/MRTでホテル近くまで行けるのなら、旅慣れている人であればまずまず便利に行けるはず。

少なくともジプニーで行くよりもずっと楽で容易ですね。

駅の近くのホテルなら危険度もそれほど高くなく、安全に空港から移動することも可能でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です