中国旅行ならホテルの予約はTrip.comがオススメ 安いし掲載ホテルも多いよ

trip.com

スポンサーリンク


ホテル予約サイトはたくさんありますので、どこで予約をするかは悩むところですよね。

たいていポイント制度もありますから、ポイントを貯める・使うために、使うサイトは決めているという人もいるでしょう。

たしかにポイントの事を考えると、ひとつのホテル予約サイトに集中するほうが便利です。

ただ訪問する国によって分けるのはさらに得する方法でも。

例えば日本の旅行でしたら、海外のサイトよりも日本の楽天トラベルやじゃらんの方が掲載ホテルも多いでしょうし、何より料金も安くなりがち。

これと同じで海外でも、その国によって強いホテル予約サイトはあったりします。

中国を旅行するなら、楽天トラベルやエクスペディアではなく、Trip.comがオススメです。

中国だけでなく香港、マカオ、台湾でも他よりも強いのがTrip.com。

掲載されているホテルの量もスゴイですし、価格も安く、使うメリットは大きいですよ。

スポンサーリンク



Trip.comとは?

Trip.comは、中国の最大手の旅行サイト「Ctrip.com」のグローバルブランドです。

日本人は知らない人が多いでしょうが、Ctripは中国では超有名で、知らない人がいないぐらいです。

そんな中国で知名度の高いTrip.comですから、ほとんどのホテルを網羅していると言って良いほど掲載ホテルの量がハンパないのです。

私は中国によく訪れますが、以前はだいたいエクスペディアかBooking.comを利用していました。

日本国内では楽天トラベルをよく利用するのですが、楽天トラベルは海外には弱いですから。特に安めの宿の掲載は少ないです。

Trip.comを知って初めて検索をした時は、正直驚きました。

いつも行く都市なのに、知らないホテルがズラッと並びます。その多さに驚いたのですが、本当に選びたい放題の状況でした。

Trip.comは掲載されるホテルが多い

僕は中国でも深センが好きでよく行くのですが、深セン最近ホテルが高くなったという印象を以前は持っていました。

でもTrip.comで検索をかけるとびっくりしました。ズラッと500円ぐらいのものが並ぶのです。

もちろん安いものはドミトリーやカプセルホテルなどが並ぶのですが、それでも他の旅行サイトではここまで掲載されていません。

そんな安い部屋はそもそも眼中にないという人も多いでしょうが、それでも深センに深夜着いて、ただ寝るだけという場合はどうでしょう?

そんな時は、日本だったら安いホテルで良いかっていう人も多いはずです。

なんだったらカプセルホテルでもという流れにも。

それと同じで中国でも、寝るだけなら安いのも良いかというのは、自然なこと。

とにかく、実際に泊まるかどうかは別として選択肢が多いということは悪いことではありませんよね。

また、当然ですが安いホテルだけでなく、超高級ホテルまで幅広い価格帯のホテルが取り扱われています。

ですから多くの人にとって、好みのホテルを選ぶこともできるわけです。

Trip.comは安い

Trip.comはとにかく安宿~中級クラスのホテルに強いなという印象を持ちます。

逆に高級ホテルとなると、エクスペディアの方が安かったりします。

外資系ホテルのような外国人が多く泊まるホテルは、もしかしてエクスペディアも強みがあるのかなという感じもします。

この辺りはホテルによっても違うでしょうし、日にちによっても違ったりするので気になる方は検索をかけてみると良いでしょう。

ただ、安宿~中級ホテルは本当にたくさん掲載されていて、かなり安いのにびっくりしますよ。

安全性は大丈夫?

ホテル予約サイトで気になるのは料金の安さだけではありません。

クレジットカードの情報なども提供したりするわけですから、サイトの安全性はとても重要です。

ところが、中国のサイトとなるとどうでしょう?

もしかしてあまり良い印象がないのではないでしょうか。

クレカ情報を悪用されないかと心配する人もいるでしょう。

また、そもそもホテルが予約がきっちりとされているかとの心配もあるでしょう。

予約されていないと、夜中なんか途方にくれますよね。

この点、インターネットのサービスは、とにかく信用が重要です。

信頼性を落とすようなことがあれば、すぐに広がり顧客離れを起こしてしまいます。

これは、日本でも同じですが、もちろん中国でも同様です。

中国社会は口コミ社会でもあり、SNSなどを利用する傾向がありますので、悪い噂が流れれば大変。

しかし、Trip.comが最大手でいられることは、それだけトラブルが少ないことの証明でもあります。

また、実際にも安全性の高い決済システムを採用していますので安心です。

それでもどうしても不安という人は、ペイパルを通して支払いをすることもできます。

ペイパルなら、クレジットカード情報を提供する必要もないので安心できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です