関空からの帰りはラピートを利用 KIXからのお得な移動方法まとめ

ようこそ大阪きっぷ

スポンサーリンク


フィリピン旅行の後、関空から大阪の家まで帰るのにラピートを利用しました。

行きは「関空ちかトクきっぷ」を利用して関空まで行きましが、帰りはラピートでちょっと優雅な時を過ごしました!

事前に関空からのお得な移動方法を知っておくと、状況に応じて良い方法を選択しやすくなります。

関空からのお得な移動方法をまとめますので、ぜひ活用をしてみてください!

スポンサーリンク



関空からのお得な移動方法

関空からは成田と違い格安バスがありません。

成田でしたら安く東京まで移動しようとなると、格安バスを利用するのが手っ取り早いですが、関空はお得な切符などの情報を知っておくことが大事。

お得な切符などを利用することによってかなり節約をすることができますからね!

南海をお得に利用する

南海には多くのお得な切符などがあります。

南海電車の普通乗車券は、関空~天下茶屋・新今宮・なんばまで930円なので、上手く利用するとかなりお得感があります。

関空ちかトクきっぷ

大阪市内へ最安で行く方法が「関空ちかトクきっぷ」です。南海電車なんば駅までと大阪メトロの各駅まで乗車できるきっぷ。

料金は大人 1,020 円・小児510 円。

大阪メトロ区間は一律料金なので、なんばから遠い場所がよりお得になります。

例えば谷町線の大日や長堀鶴見緑地線の門真南までなら割安感はあります。

こちらのきっぷの弱点ですが、南海電車はなんば駅乗り換えでなければならない点。

天下茶屋駅で堺筋線に乗り換えると便利なのに、わざわざなんば駅の距離のある乗り換えが面倒です。

乗り換えによって思った以上に時間がかかる場合があるので、できるだけ早く帰りたいような時は他の手段の方がベターです。

クレジットカードを使えないのも残念な点です。南海の券売機では交通系ICカードで購入はできますが、大阪メトロからの関空行は現金払いのみです。

私は谷町線沿線でこのチケットを良く利用しますが、南海から千日前線なんば駅までの乗り換えはかなり面倒です。

そのため、今回は別のきっぷでラピートを利用することにしました。

ようこそ大阪きっぷ

関西空港からなんば駅までの特急ラピート片道乗車券+大阪メトロ・大阪シティバス1日乗り放題がセットになったお得なきっぷです。

料金は大人1,690円、小児850円です。

ラピートを普通乗車券と特急券で利用すると1,450円。

加えて平日なら800円かかる大阪メトロ・大阪シティバス1日乗り放題がついてきます。

かなり割安感があり、利用当日または翌日に大阪メトロをたくさん利用する人にとっては、利用をオススメします。

私はこのきっぷを使ってラピートで快適に帰りました!

ようこそ大阪きっぷで快適に移動しました!

私は最安値の「関空ちかトクきっぷ」を利用して関空から帰るときが多いです。

もしくは環状線の駅から少し距離がありますが、JR関空快速を使って帰るときもあります。

関空快速は余計にお金がかかりますし、駅から少し歩きますが乗り換えなしで1人用の独立座席が快適なのでお気に入り。

今回何を利用するかは悩みましたが、少し夜も遅いですしめずらしくラピートで帰ることにしました!

ようこそ大阪きっぷを使えばかなりお得ですし、クレジットカードを利用できるのも良い点です。

関西空港駅で停車する存在感抜群の南海の空港特急ラピート。

ようこそ大阪きっぷ

座席指定で4号車へ進みます。

ようこそ大阪きっぷ

混んでいる車両もありましたが、こちらの車両はそれほど混雑していませんね。

ようこそ大阪きっぷ

座席はこんな感じです。周りにほとんど座っている人がいなかったので快適そのものでした!

ようこそ大阪きっぷ

足元は広々。飛行機のエコノミークラスと比べると格段に広いですね!

ようこそ大阪きっぷ

ドリンクホルダーもついているので、ドリンク置き場にも困りませんね!

ようこそ大阪きっぷ

フリーWifiにも対応しています。

ようこそ大阪きっぷ

パソコンでの作業がはかどりました。

ようこそ大阪きっぷ

ようこそ大阪きっぷの内容です。左側上部が乗車券、左中央がラピートの指定席券。右上部が大阪メトロ+大阪シティバスの1日乗車券です。

ようこそ大阪きっぷ

なにわ筋線開通によってラピートが梅田方面にも乗り入れします。その時が待ち遠しいです。

関空トク割 ラピートきっぷ

難波までが目的地だったり、大阪市内は地下鉄ではなくJRを利用するとなると、「関空トク割 ラピートきっぷ」もあります。

料金はラピートのレギュラーシートの場合が、大人1,290円・小児650円です。

スーパーシートは大人1,500円・小児850円。

微妙な値段設定ですが、特急を利用して難波まで1,290円は、成田の京成スカイライナーなどと比べるとお得感があります。

京都アクセスきっぷ

京都まで最安で行くなら「京都アクセスきっぷ」です。

料金は大人のみの設定ですがたった1,250円。

関西空港駅から天下茶屋駅乗り換えで大阪メトロ堺筋線経由、京都河原町駅や嵐山駅などに行くとなると割安感はかなりあります。

なお、京都から関空に向かうは逆方向は、「関空アクセスきっぷ」として同じ料金で発売されていて高槻市駅や茨木市駅などの大阪からでも購入可能です。

神戸アクセスきっぷ

神戸まで最安で行くなら「神戸アクセスきっぷ」です。

関西空港駅からなんば駅乗り換えで阪神電車・神戸三宮駅・元町駅まで行けるきっぷです。

料金は大人のみの設定で1,150円。

難波での乗り換えが面倒ですし、リムジンバスやベイシャトルと比べると疲れるし所要時間もかかります。

逆方向の神戸から関空までは「関空アクセスきっぷ[阪神版]」があります。

奈良アクセスきっぷ

奈良まで最安で行くなら「奈良アクセスきっぷ」です。

近鉄奈良駅~関西空港間が(近鉄大阪難波駅・南海なんば駅経由になります)片道1,250円・往復2,500 円になります。

近鉄奈良駅発の設定はありませんので、奈良から利用の場合は関空で購入のみということになります。

JRをお得に利用する

JRはるか早特往復きっぷなら格安でJR関空特急はるかの普通車指定席を利用することができます。

3日前までの購入だったり、みどりの窓口では発売しないなどの成約はあり、次の場所や手段で購入ができます。

  • JR西日本ネット予約(e5489)
  • 出発地周辺のJR西日本の主な駅のみどりの券売機
  • 主な旅行会社

主な駅を発着する料金は以下のような感じ。

  • 天王寺 3,060円
  • 新大阪 3,770円
  • 京都  4,890円
  • 姫路  6,930円
  • 岡山  12,020円
  • 広島  21,690円

 

姫路・岡山・広島に発着するきっぷは、山陽新幹線の普通車自由席(姫路・岡山発着)または指定席(広島発着)を利用できます。

新幹線を利用できて、姫路からだと片道3,500円ぐらいですから成田からのリムジンバスと比べるとかなりのお得感があります。

リムジンバスをお得に利用する

リムジンバスは往復割引を利用することで格安に利用することができます。

例えば大阪駅前(梅田エリア)までは大人1,600円・小児800円です。

しかし、往復乗車券なら大人のみの設定ですが2,820円でOK。片道当たり1,410円ですから梅田までラピートを格安で利用するよりお得です。

さらに日帰り往復券なら2,200円とかなり安いので利用価値は高いです。

神戸発着ならもっとお得で、片道2,000円のところ往復割引で3,140円!

日帰り往復なら2,500円と破格になります。

神戸アクセスきっぷと異なり、三宮(または六甲アイランド)まで直通で行きますので、鉄道利用と比べると格段に便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です