ミスド×堂島ロールのコラボ「堂島ローナツ」を食べてきた 

堂島ローナツ

スポンサーリンク


東京に遊びに行っていたのですが、出先で限定販売の「堂島ローナツ」を試してみました。

ミスタードーナツと堂島ロールのコラボ商品ですが、昔大行列で人気だった堂島ロールだけに気になる商品でした。

その堂島ロールもすっかり行列はなくなり、ミスドも低迷気味。

落ちぶれた感がある2つのコラボですが、実際に食べてみた結果は…。

スポンサーリンク



堂島ロールとは

堂島ロールを知らないという人も、最近ではありがちなので簡単に説明。

「堂島ロール」とは、大阪のパティスリー「モンシェール」が作り出したロールケーキです。

最盛期には堂島のお店に長蛇の列ができるほどの人気で、百貨店に出店をするようになってもその人気は高かったです。

ただ、最近は飽きられたり、全国に多くの店舗を構えたせいか行列はなくなり、ちょっと元気がないなという印象です。

堂島ロールの人気の秘密ですが、北海道の牧場からあつめた生乳をブレンドした甘さ控えめのクリーム。

人気に陰りが見えたとはいえ、ふわふわ生地も含めてまだまだファンも多いです。

その堂島ロールがミスタードーナツとコラボした商品が、期間限定で発売され話題になっています。

堂島ローナツ

ミスド×堂島ロールがコラボして完成したのが、「ローナツ」。

「ロール」と「ドーナツ」を使った造語です。

ドーナツはクリームが脇役みたいな感じですが、ローナツはむしろクリームが主役のような存在。

ローナツは7月5日(金)に発売が開始され、期間限定販売で9月上旬終了する見込みになっています。

ローナツは全部で5種類

ローナツは全部で5種類のラインナップ。

堂島ローナツ

「堂島ローナツ」と「堂島プリンスローナツ」は、ビジュアルも堂島ロール風ですが、その他の3商品は、ミスタードナツらしさがあります。

堂島ミルククリームが150円、オランジュ・ド・ダブルクリームとストロベリー・ド・ダブルクリームが160円(税抜)。

堂島ローナツと堂島プリンスローナツは、200円(税抜)と少し価格が高くなります。

堂島ローナツを実際に食べてみた

店舗で堂島ローナツを購入して実際に食べてみました。

食べたのは、堂島ローナツと堂島ミルククリーム。

新宿の店舗に寄ったのですが、イートインできない持ち帰り専門のお店だったものですから、屋外で食べたため、写真は上手く撮れません。←言い訳w

ちなみに店舗は少し行列ができていました(待ち時間は5分程度ですが)。

ほとんどすべての人は、期間限定商品のローナツを購入していましたし、中にはたくさん大人買いをしていた人も。

まずは堂島ミルククリームから。

堂島ロールらしさのあるクリームがドーナツの甘さで消された感じが。ちょっと残念。

続いて堂島ローナツ。他のレビューでもこちらの商品が良かったという意見も多く期待大。

堂島ローナツ

見た目も堂島ロールそっくりですしね~!

うん、たしかにこっちのほうが断然美味しいです。

堂島ロールを長い間食べていませんので、ロールケーキそのものと比較はできないですが、悪くないです。

ただ、、、

昔食べたような堂島ロールの感動は、全然感じられません(・_・)

これは自分の味覚が変わったのか、それともはっきりしませんが、気になるのは堂島ロールのこんなこだわり。

堂島ロールは、新鮮なクリームの美味しさをお客さんに味わってもらうために「キッチンから1時間以内にお店へ届ける」というルールを設けています。

全国20か所にキッチンを設け、各店舗に一日に何度も配送しているようですが、ミスタードーナツ各店舗にはそのようなことはできるはずがありません。

ということはおのずとクリームの鮮度が落ちていて、美味しさも半減しているような…。

実際にこんな意見も。

他の人でもクリームが脂っぽいという意見はちらほら見えるし、美味しいという人も多い中、ちょっと残念という人もいます。

現在は堂島ロールは並ばずに食べられるし、これならミスドでローナツ購入するより堂島ロールを買ったほうが良いような^^;

まあ、自分は堂島ロール本店まで自転車で20分程度で行けるので、そう思うのでしょうが。

お近くに堂島ロールがない、昔なつかしい堂島ロールの味を少しだけ味わいたいという人にはちょうど良い商品かもしれません。

特に一番良く売れてそうな「堂島ローナツ」は、クリームたっぷりで“らしさ”がありますしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です