釜山金海国際空港の市内アクセス 大きなスーツケースがあるならこの方法がオススメ

釜山空港リムジンバス

スポンサーリンク


釜山金海国際空港は、釜山中心部から約12km離れています。

12kmというと、けっこう近いなあという感覚があるかもしれませんが、距離のわりには意外に時間がかかります。

鉄道、バス、タクシー様々な市内アクセス手段がありますが、それぞれについて長所・短所なども詳しく解説をします。

スポンサーリンク



釜山金海国際空港の位置

釜山国際空港は「金海国際空港」、英語では、Gimhae International Airportという名称です。

空港の名称の「金海」は、開港当初は金海郡にあったためですが、現在は空港の場所は釜山広域市の一部になっています。

釜山空港から市内への主なアクセス

釜山金海国際空港から釜山市内中心部への主なアクセスは以下のものがあります。

  • リムジンバス
  • 電車/地下鉄
  • タクシー
  • 市バス

 

では、これらのうちどの手段が一番良いのでしょうか?それぞれのアクセス手段について詳しく説明をします。

リムジンバス

リムジンバスで日本人の主な目的地である西面、釜山駅、南浦洞、海雲台へ行くことができます。

西面、釜山駅、南浦洞などまでが6000ウォン、海雲台までが7000ウォンです。

日本円で考えると、600円弱から700円もしないわけですから、それほど高く感じませんが、韓国の電車や地下鉄の運賃は安いのでやや割高なイメージ。

リムジンバスの運行頻度ですが、こちらは画像は空港のバス停で撮影したものです。

大雑把に言うとだいたい30分に1本ぐらいが運行しているという感じですね。

出発した後だと、空港でけっこうな時間待たないといけない時もあるかもしれません。

電車/地下鉄

釜山金海国際空港には釜山地下鉄は乗り入れていませんが、軽電鉄というものが乗り入れています。

軽電鉄と地下鉄を乗り継ぐことで、リムジンバスと同様に西面、釜山駅、南浦洞、海雲台などに行くことができます。

行き方は、

  1. 軽電鉄で沙上駅まで行きます。
  2. 沙上駅で地下鉄に乗り換え市内中心部に向かいます。

 

沙上駅は終点になるので、乗り過ごすことはあまりないでしょう。

ただし空港駅も地下鉄沙上駅も終点ではないので、乗車する際に逆方向に乗らないように注意はしましょう。

運賃は、軽電鉄が1400ウォン、地下鉄が2区間で1400ウォン。合計で2800ウォンほどになります。

釜山駅で比較すると、だいたいリムジンバスの半額位という感じですね。安さだと電車/鉄道です。

日本人は電車に乗り慣れているし、電車があれば空港アクセスも利用したい所ですが、乗り換えがあるのが難点です。

タクシー

韓国のタクシーは日本のようにそれほど高くないですし、楽なので利用する価値は高いです。

タクシーで行けばホテルのエントランスまで行けるので、重い荷物を持って歩くこともないですからね。

料金が日本より安いといっても、リムジンバスや電車/地下鉄のアクセスと比べると相当高くなります。

ただ、タクシーの場合は、1台の料金で人数分で割ると、かえってリムジンバスよりも安くなることだってあります。

釜山のタクシーで頭に入れておくことは、「一般タクシー」と「模範・大型タクシー」があるということ。

模範タクシーは一般タクシーよりも優良ドライバーが多いということらしいです。

そのため一般タクシーよりも料金は高めに設定されています。

タクシーの料金について

タクシーの料金について簡単にまとめておきます。

一般タクシー(中型車)

  • 初乗りは、2,800ウォン(最初の2キロメートルまで)
  • 初乗り区間以降の距離料金は143メートル当たり100ウォン
  • 時間料金は時速15キロメートル未満で走行の場合34秒ごとに100ウォンなお、市外に向かう場合と夜間0:00以降4:00までは料金が20%割り増しになります。

模範・大型

  • 初乗りは4,500ウォン(最初の3キロメートルまで)
  • 初乗り区間以降の距離料金は160メートル当たり200ウォン
  • 時間料金は時速15キロメートル未満で走行の場合38秒ごとに200ウォン

空港から市内中心部までは、渋滞などによって異なりますが、だいたい日本円で2,000円~3,000円ぐらいが相場です。

どのアクセス手段がオススメ?

どのアクセス手段がオススメかどうかは、重い荷物を持っているかどうかによって変わります。

なぜなら、釜山の地下鉄の出入り口は、エスカレータがあまりなくて、階段もしくはエレベーターを探す必要があります。

重い荷物を持って、それも女性が階段の上り下りをするのは大変です。

そのため、重い荷物を持っている人は、リムジンバスかタクシーがオススメです。

リムジンバスかタクシーかどうかですが、グループの場合はタクシー代を人数で割ればたいしてリムジンバスと変わらない場合も。

そんな時はタクシーが、目的のホテルの目の前まで行けるので楽なので良いでしょう。

逆に1人の場合はリムジンバスの方がタクシーよりかなり安くなりますから、バス停からホテルがあまり遠くなければリムジンバスを選ぶと良いでしょう。

荷物を運ぶことが苦にならないなら

荷物を運ぶことが苦にならないなら、軽電鉄と地下鉄を乗り継いで行く方法が安くて難しくありません。

それほど荷物が重くなかったり、男性で荷物を持って階段の上り下りもへっちゃらというのであれば、電車や地下鉄は時間も正確ですから助かります。

地下鉄は1日券もありますので、観光も含めて交通費を考えると旅費をかなり節約することもできますしね。

重い荷物の有無で、自分の体力に合わせて空港のアクセスを考えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です