定年退職後の海外旅行よりも今旅に出よう 工夫次第で将来に備える

リタイア旅行

スポンサーリンク


定年退職後に海外旅行を存分に楽しみたい!

こんな目標を持っている人は多いのではないでしょうか?

仕事をしている現役時代は、忙しくて海外旅行に出かけることができない、と思っている人はけっこう多いです。

比較的長い休みを取れる盆正月やゴールデンウイークとなるとどうでしょう?

航空券やツアー料金が高すぎて、とてもじゃないけど海外なんか今の給料では行けないという感じに。

日本では海外旅行は贅沢という意識は、こういったところからも来ているのでしょう。

退職金が入った定年後なら、お金や時間に余裕が出てきます。

リタイア後は、現役時代にがまんした分も、いろんな国に行ってみたいという思いもあるでしょう。

しかし、そのように先送りすることは本当に良いことなのでしょうか?

定年退職後にお金や時間に余裕があっても海外に出かけらないことだってあります。

また現役時代だって工夫すれば、仕事の合間に格安で海外旅行をすることもできます。

スポンサーリンク



定年後の体力と海外旅行

歳をとると誰でも体力は落ちていきますが、海外旅行は思った以上に疲れるものです。

例えば中高年に人気の観光スポットというと、遺跡やお寺などがあります。

遺跡やお寺の観光は、けっこう歩かないといけなくて辛いのです。

中には長い階段をせっせと登る必要があったりします。

若い頃ならなんてこともなかったのが、歳をとってからは遺跡やお寺の観光は、とてもしんどいのです。

こんなに疲れるのなら、もっと若い時に海外旅行に行っておけば良かったという後悔もわいてきたりします。

また、海外に行くと疲れるので、だんだんと海外旅行から遠のくという場合もあるでしょう。

いろいろ見たいものはあるのですが、体がついてこなくなってしまうわけです。

定年後の海外旅行はお金がかかる

定年後の海外旅行は思いの外お金がかかるものです。

定年になって初めて海外に行くような人でしたら、個人旅行ではなかなか難しいためツアー、それも添乗員が同行するようなツアーを選びがち。

そのようなツアーもまずまず格安なものもありますが、どうしても割高になってしまいます。

若い頃でしたら、個人で手配をして安宿に泊まって旅行をするというスタイルをなかなか旅慣れない高齢者ができるものではありません。

お金がかかるので、それほど海外に行くことができずということになります。

さらに将来の健康のことを考えると不安になり、旅行よりも蓄えを残しておこうかという考えにもなってきたりします。

逆に若い頃から旅慣れた人は、高齢になっても個人で工夫をして格安な旅行を楽しむ人もいます。

リタイアすると、特に盆正月やゴールデンウィークなどの繁忙期に海外に行かなくても良いわけで、安い時に行くことができます。

旅慣れた旅行者は、できるだけ安い時期を狙って、旅行に出かけることが慣れています。

だから、コスパ良く何度も旅行に出かける人も多いのです。

海外旅行は危険がいっぱい

海外の多くの国は日本よりも治安が悪いです。

治安が比較的良い国といわれるところでも、スリや置き引きなどは日本よりもずっと多かったりします。

危険がたくさんある海外での旅行は、日本で旅行するよりもはるかに緊張感があり疲れます。

親の介護の問題

定年退職するぐらいの年齢になると、その人の親となるとだいたい介護が必要になってくる頃でしょう。

日本人の介護となると、施設に入ることを拒む人も多いですし、在宅での介護を望む人が多いことから、子供が親の介護をすることが多数派。

親の面倒を見ることになると、なかなか長期間家を離れることができなくなりますので、気軽に海外に出かけることが難しくなるわけです。

夫婦ですと両方の親の問題もあり、ますます海外旅行が難しくなってきてしまいます。

そんなことなら、有給休暇でもとって、若いうちに海外旅行へ行ったほうが良くないですか?

このように定年退職後の海外旅行ですが思ったほど簡単ではありません。

楽しみが海外旅行なら先送りするのではなく、やりたい時、行きたい時に行っておくべきでしょう。

若い頃に旅行に出かけてリタイア後の快適な旅に備える

年齢を重ねると、体力の問題やお金の問題、さらに家庭の問題などなかなか海外旅行が難しくなります。

ただ、若い頃に旅行にたくさん出かけることによって、リタイア後でも快適な旅行をしやすくなります。

マイルを貯める

例えば、現役時代は、休みがあまり取れないため、週末に有給を利用した弾丸旅行でマイルを貯めておくのも良いでしょう。

貯めたマイルを将来の旅行に使うと、将来はそれほどお金をかけなくて済みます。

旅行でマイルを貯めることが、一種の投資のようになるわけです。

航空会社の上級会員になっておく

現役時代にたくさん飛行機に乗って、航空会社の上級会員になっておくと、将来の旅行で楽ができます。

上級会員になると、出発前にラウンジを利用できたり、運良くビジネスクラスにアップグレードされる確率も高くなります。

また、たとえエコノミークラスでも、隣の席がブロックされ、楽な姿勢で飛行機に乗れたりして快適です。

上級会員だと、よりマイルも貯まりやすくなって、リタイア後もより多くの旅行をしやすくなります。

ホテルのエリート会員になっておく

高級ホテルなどのエリート会員なることで、より多くのポイントを稼げるようになります。

ポイントが貯まりやすくなり、ポイントによる宿泊がしやすくなるので旅行が行きやすく。

さらに、無料の朝食やクラブランジを利用することができると、ほとんどお金を使わずに旅行を楽しむことだってできます。

まとめ

時間がないということで、現役時代に行きたい海外旅行を控えるのは、あまり得策ではありません。

若い頃は体力もありますし、旅行に何度も行きやすいはずです。

また、旅を重ねることで、旅行中の危険を避ける方法も身につけていくでしょう。

若い頃から、楽しみと将来への投資感覚でマイルを貯めたり、ホテルや航空会社の上級会員になっておくのも良いでしょう。

お金はたしかにかかりますが、工夫をすれば思ったよりお金をかけずに旅行をすることだってできます。

これからいろんな旅の工夫をどんどん紹介をしていきますので、活用してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です