ラオス航空日本乗り入れ 熊本〜ヴィエンチャン・ルアンパバーン就航

ラオス

スポンサーリンク


ラオス航空の日本乗り入れが実現し、日本から初めてのラオスへの直行便が就航することになります。

就航地は、東京や大阪ではなく熊本という意外な場所だったのですが、直行便で便利に行き来できる事になったのは朗報です。

ラオスの首都ヴィエンチャンとルアンパバーンを結ぶ路線で、観光にも使えそうです。

スポンサーリンク



ラオス航空の日本乗り入れが2020年3月に実現

国土交通省は、ラオス航空からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、10月21日付で許可をしました。

これにより、日本からラオスへの初めての直行便が就航することになります。

乗り入れする空港はまさかの熊本空港 ←失礼m(_ _)m

2020年3月18日より、熊本~ヴィエンチャン線と熊本~ルアンパバーン線を就航することになります。

いきなり2路線というより、ヴィエンチャン線が水・土曜、ルアンパバーン線が月・金曜のそれぞれ週2便の運航。

実質的には熊本~ラオス線の1路線という感じでもありますね。

まだ具体的な出発時刻等は発表されていませんが、機材はエアバスA320でビジネスクラス8席とエコノミークラス150席の全158席です。

ラオス航空とは?

ラオス航空はラオスの国営航空会社でフラッグ・キャリアになります。国営航空会社というのが、社会主義国家のラオスらしいですね。

ラオスは内陸の小さな国のため、ラオス航空も保有機材が少ない弱小航空会社。

エアバスA320でLCCの定番機材で、もっとワイドボディーの大きな機材がないの?という疑問もあるかもですが、これがラオス航空の一番の上級機材w

ビジネス・エコノミーとも乗り心地の良さはあまり期待できません^^;

ラオス航空の安全性は?

ラオス航空?? 聞いたことがないし安全性は大丈夫という心配もあるかと思いますが、格付けではそれほど悪くはありません。

AirlineRatingsでは、「全航空会社の安全度格付け」を1~7の7段階で公開されています。

Compare Airline Safety Ratings – Airline Ratings

格付けは7が一番安全ということで、数字が小さいほどリスクが高いという一つの指標になります。

ラオス航空の2019年最新の格付けは「6」

3年連続の「6」で安定はしてきていますが、2016年が4、2014年~15年が3という結果。

まあ6でも、マレーシア航空やパキスタン航空など最近墜落事故を起こした航空会社もあることから、すごく安全というわけでもなそうですがね^^;

ラオスの観光は?

ラオスの直行便が就航しますが、ルアンパバーンに直行便ができたのはうれしいですね~。

ヴィエンチャンの直行便もそれなりに便利ですが、ヴィエンチャンはタイのウドンタニからメコン川を挟んで直ぐなので、わりと便利。

しかし、ルアンパバーンは内陸でちょっと不便ですし、LCCも就航していませんしね。

観光もヴィエンチャンは、正直あまり見どころも少ないですが、ルアンパバーンは世界遺産でもあるので見どころは多いです!

ルアンパバーンの朝の托鉢は有名で、一度は経験してほしいです。

私も10年ほど前にラオスに訪れたルアンパバーンにも滞在しましたが、面白かった思い出はあります。

ちょうど水掛け祭りだったこともありますが…。

セミリタイア生活で、まったりゆったりしたいというのであれば、ヴィエンチャンからバスで4時間程度のバンビエンはオススメですけどね~

バンビエンは、まったりすることが最高に似合う街で、とにかく毎日ゴロゴロしたくなります(笑)

熊本からは不便だけど逆に良い面も

日本からラオスの直行便といっても、熊本からじゃね~と不満を持っている人もいるでしょう。

たしかに東京や大阪などに住んでいる人ならちょっと不便ですが、逆に良い面もあります。

最近では成田や関空の空港税が高騰していますが、熊本空港からなら空港税が安くすむというメリットもあります。

そしてこんなメリットも。

熊本空港カードラウンジはビールに焼酎が無料で飲めるよ おつまみもあるので最高

酒飲みならたまらないですね~w

さらに関空なら、LCCのジェットスターも就航していて安く行けるのに、こんな楽しみもありますしね~(≧▽≦)

【プライオリティパス】関空ぼてぢゅうでお腹いっぱい無料で食べたで

熊本空港でも関空でも私も楽しみたいという人は、このカードが一番近道です。


熊本空港なら経由するメリットも生かして、ついでに阿蘇山や熊本も楽しんでくれば一粒で二度美味しい。

熊本空港から市内までのアクセスも貼っておくので、ぜひ参考にして旅の計画も立ててください。

熊本空港の市内アクセス オススメの最安ルートや最短ルート

予定にしばられない自由な人なら、日本の地方都市を経由する海外旅行は、なかなか良いものですよ!

まとめ

ラオスは条件はありますが、観光で15日以内の滞在ならノービザ滞在ができます。

直行便は就航したとはいえ、熊本からということで不満な人もいるでしょうが、逆にメリットもあります。

ラオスは内陸ののんびりした国ですし、熊本を経由してのんびりゆったりと旅を楽しむのもオススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です