プエルトガレラからマニラへフェリーとローカルバスで移動 出発時間とトイレはどうする?

バス

スポンサーリンク


プエルトガレラからマニラに帰る時も、行きと同じようにフェリーとローカルバスを使って移動しました。

マニラではどうしてもやりたことがあり、ホテルを6時半にチェックアウトをして急いで戻ることにしました。

ただ、そこはアジアの国ですから何でもスムーズに行くという感じではありませんでした^^;

スポンサーリンク



ホテルを早朝にチェックアウト

サバンビーチで宿泊したモンタニビーチリゾートを早朝6時30分にチェックアウトをしました。

前日にチェックアウトが早朝になることでフロントに誰かいるかを確認したところ、6時半にフロントを開けるということでした。

当日は実際に6時半にはスタッフがいており、とりあえず良かったです。

2泊という短い期間でしたが、おおむね満足のいく滞在になりました!

モンタニビーチリゾートの宿泊記はこちらです。

【宿泊記】サバンビーチのモンタ二ビーチリゾートのシャワーと朝食

チェックインを済ませたらジプニー乗り場へ足早に向かいます。

ジプニーでムリエ港へ

サバンビーチからフェリーが出港するムリエ港まではジプニーを利用しました!

初めてのジプニーですが、乗車した時間帯は学生が多く、さながらスクールバスのような感じでしたよ!

ジプニー

「ムリエ?」って確認したのですが、実はこのジプニーはムリエ港までは直接に行かなかったんです^^;

学生たちがたくさん降りていったところで、なんとなく不安にドライバーに聞いてみるとここで降りるらしい^^;

ジプニー

ここから歩いていきます。

プエルトガレラ

スマホを取られてグーグル・マップが使えないので、年のためにそのへんの人に道を聞いてから向かいました。

【スリ被害】マニラのストリートチルドレンにスマホをやられた

さらに真っ直ぐ進みます。

プエルトガレラ

道の右手にムリエ港が見えて一安心。初めての道なので多少長く感じましたが、

プエルトガレラ

ジプニーを降りてから10分もかかっていないと思います。

トライシクルで行くと150ペソぐらいはかかるはずだし、少し体力はいりますがかなり移動が安くすみます。

地元の人の生活にも触れることができて面白いですしね!

フェリーのチケットを買いにいきます。お金を払い乗船名簿に名前などを書き込みます。

ムリエ港

早い時間で8:15発のフェリーで小1時間ほどあります。

そんなに早くチェックアウトすることもなかったですね^^;

行きとは違うフェリー会社ですが、運賃は300ペソと同じ。

フェリーチケット

手前が行き利用した新しいフェリーですが、これから乗るのは奥のフェリー。

フェリー

ちょっとボロいですw

時間があるので待合所で待つか、その辺で朝食をとるかしてくれと言われるが、こちらが待合所。

フェリー待合所

ここに積み上げられている椅子を並べるだけw

向こうにはモンタニビーチリゾートで同じ時間ぐらいにチェックアウトをした家族もいるわ。

ローカルと同じような時間の出発だったわけだから、ちょっと早いけどまあ良いかな。

朝食を食べに行くけど、いまいち良い店もなさそうだし、そんなにお腹も減っていません。

ムリエ港

まあ、いつも1日1食で朝ごはんは食べないのでね。

旅先なんで何か試しに食べようかとミニマートみたいなところへ入ってパンを買います。

パン

チーズ味で味は悪くなかったですが、値段は忘れました^^;

見た目がぼんち揚に見えるかもしれませんが、ちゃんとしたパンです!

パン

実はこのパンだけで、この後23時ごろまで何も食べないことになるとは思いもよらなかったです(笑)

ローカル色豊かな待合所でフェリーの出発を待ちますw

フェリー待合所

みんなもっと早朝のフェリーを選ぶのか、それほど多くの人が集まってはきませんでした。

こんな所にもローディーがいました。フィリピンでは時折サイクリストをみますね。

ムリエ港

乗船開始の合図がありました。急いでトイレを済ませてフェリーに向かいます。

より近くで見ると、その古さが目立ちますね💦

フェリー

もしかして新しい船と比べるとスピードも遅いのではないかと不安になります。

所要時間を尋ねたら、1時間とは言ってましたが…。

船に乗り込みます。手すりが片方しかないのでちょっと怖いです(*_*)

フェリー

フェリーの船内の様子です。かなり空いていて乗船率2~3割程度。

フェリー船内

エアコンはついておらず、自然の風を感じながらの船旅になりますw

フェリー

出港です。この日はちょっと風が強めでしたが波は穏やかでした。

フェリー

出港してしばらくは船の前から外に出れて気持ちが良いです。

港を出ると前の扉は閉められ、外に出ることはできなくなります。

船は順調に進んでいるようにみえますが、1時間を過ぎてもまだ到着しそうにありません^^;

結局は1時間半ほどかかってバタンガスへ到着~(*_*)

フェリー

10時頃のバスには乗りたいと思っていたのでちょっと焦り気味です。

下船中。

バタンガス

フェリーを降りたらローカルバスに乗り換えます。

バスターミナルとトイレの問題

やや足早にバスターミナルへ向かいます。

バタンガス

プエルトガレラに向かう際に利用したフェリーターミナルには入ることなく、ターミナルの外を回るように通路ができています。

ターミナルに入ることがないのでトイレの問題がありますね^^;

バスターミナルはこちらの標識に従って進めばOKです。

バタンガス

マニラからもローカルバスを使って来た人でしたら、通ってきた順路を逆に進むだけです。

こちらがマニラからのバスでプエルトガレラへ行った様子です。

ローカルバスとフェリーでバタンガス・プエルトガレラへ行ってきた

バスターミナルに到着したら、Gil Puyat駅やマカティの近くに行くのならこちらのバスを探しまししょう。

バスターミナル

「LRT BUENDIA」が目印です。

BUENDIAがたくさん

実はマニラにBUENDIAっていろんな所にあります^^;

MRT(Line3)にもBUENDIA駅がありますし、フィリピン国鉄にも同名の駅があります(*_*)

LRT/MRTの情報はこちらを参照してください!

マニラの電車(MRT・LRT)の利用法 治安や料金、乗車方法など徹底解説

「LRT BUENDIA」は、LRTのGil Puyat駅の駅前にあるバスターミナルを指します。

のちほど紹介しますが、私はマカティからも徒歩で行けそうなグーグル・マップで「BUENDIA」と表示された場所に行きたかったのですが^^;

このバスに乗り込んだのは良かったのですが、空いている席がありません(*_*)

タッチの差でこのバスに乗ることはできませんでした!

別のバスに乗るように促されたのですが、途中トイレが心配になりトイレに行くことにしました。

行きのバスは途中トイレ休憩がありませんでしたし…。

この時は次のバスもそれほど早く席は埋まらないだろうと思っていたのですが、トイレはバスターミナルにないので時間がかかります。

近くのフェリー第2ターミナルにトイレがあるみたいですが、トイレに行くためには途中荷物検査の列に並ばなければなりません(*_*)

ここで予想外に時間がかかり、バスターミナルに戻った時には「LRT BUENDIA」行きのバスはすでにいませんでした(*_*)

1時間ほど待つことに

新たな「LRT BUENDIA」行きのバスに乗ったのですが、ここで予想外に時間を浪費してしまいます。

前の方は予約が入ってるから、後ろの方から乗れといわれ、前方は空席状態。

バス

なかなかお客が集まりません。

ついにバススタッフのおっさんが寝だしましたw

バス

前の方は予約が入っているは、後ろから詰めさせるようにする嘘かとも思ったのですがチケットを持った客が集まりだしました。

バス

予約客が遅れてこないかヒヤヒヤしたが、とりあえずは席は埋まって出発することに。

途中は嫌な予感もしてバスを変えようかとも思ったのですが良かったです。

後続のフェリーの客に追いつかれた

満席になったバスはようやく出発します!

ただ、出発時間はすでに11時…。

当初の思惑よりも1時間ぐらい遅くなってしまった(*_*)

さらにショックなのが、たくさん乗った予約客は、おそらく私が乗った8:15発の後の9:15出発の新しいフェリーの客のはず…。

早起きした意味がなかったよ(T_T)

バスは出発して、いつもの光景の非公式物売りたちがバスに乗り込んできましたw

バス

バスは行きと違って渋滞もほとんどなく走ります。

ただ、バスにパワーがないのか安全運転なのか、イマイチスピードは上がっていないような気がします。

運賃は行きよりも高かった

バスの運賃ですが、マニラからバタンガスまでの行きは187ペソでしたが、帰りは197ペソでした。

バス

ピンぼけしていますが右上に運賃がパンチされています。

トイレ休憩があった

マニラからバタンガスまでの下りのバスは途中にトイレ休憩がなかったのですが、バタンガスからの上りのバスにはトイレ休憩がありました!

トイレ休憩

バスに置いてけぼりにされたら大変なので急いで用を足します。

バスに戻ってきました。

バス

バスのスタッフが帰って来ない人がいないかをチェックして出発をしていました。

バスは高速道路を降りると、マニラおなじみの渋滞にハマります^^;

グーグルマップが使えなかったので降りたいところを通り過ぎた

途中けっこうな数の人が降りていったた所で、降りるべきか悩んだのですが自信がなかったので降りませんでした。

スマホをパクられ、グーグル・マップが使えないことが響きます(*_*)

それでも「BUENDIA」という名の駅が見えたので次人が降りる所で降りようとも思ったのですが、バスのスタッフに「BUENDIA?」と聞くと、

「まだ向こうや」という返事。

次にたくさん降りる所に着くと、ここが「BUENDIA」らしい。

なんか見覚えある所やし、高架鉄道も走ってるし…。

ここGil Puyat駅やん!!

この後、バスやジプニーに乗ってややこしいことになるのも嫌なので、行きたい「BUENDIA」まで歩いて行きました。

画面中央やや右にあるのが行きたかった「BUENDIA」で、左がGil Puyat駅前の「BUENDIA」。

マニラマップ

行きたかった「BUENDIA」からホテルまではすぐだったんですが…。

ややこしいねんフィリピン(●`ε´●)

まとめ

  • サバンビーチからのジプニーは直接サバンビーチに行かなかったので降りるところは注意(直接行くものもあるかもしれません)
  • 8:15のフェリーよりも9:15のフェリーがオススメ
  • フェリーを降りたら急いでバスターミナルに向かい「BUENDIA」行きのバスに飛び乗れ
  • トイレ休憩はあったが絶対あるとは限らないので水分は控えめに。バタンガス港のフェリーターミナル2のトイレは荷物検査があり時間がかかる
  • フィリピンにはたくさんの「BUENDIA」がありややこしい
  • グーグルマップは必要ww
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です