深セン蓮花山公園へ 行き方と山頂までの所要時間

蓮花山公園

スポンサーリンク


深セン蓮花山公園へ行ってきました!

順番が前後しますがこちらのホテルにチェックインする前だったので、バックパック担いでいったのでしんどかったです^^;

【宿泊記】アロフト東莞ダイナミックタウン 修行用ホテルで地下鉄駅からバスも利用できるが…

しかも前日はこんなことやっていたのでほとんど寝ていません(笑)

香港e道(e-Channel)申請のため空港トランジットエリアで野宿 寝る場所とシャワーについて

なんかしんどい身体にムチを打って、山頂まで行きましたが所要時間や行き方、訪れた感想などを紹介します。

スポンサーリンク



最寄り駅は地下鉄少年宮駅

深センの代表的な観光スポット「蓮花山公園」ですが、地下鉄の最寄り駅は少年宮駅です。

3号線と4号線の駅なので、多くの主要な場所からアクセスできる便利な場所ですね!

少年宮駅の出口F1かF2が公園へ行くのに便利です。

中国の観光地は駅からやたらと歩く場合もけっこうありますが、こちらは地下鉄の駅から近いので地下鉄でアクセスするのがオススメです。

また少し遠くなりますが市民中心駅からもアクセスができ、整備された公園を歩きながら悪くないです。

公園周辺はモバイクの駐輪禁止区域ではないので、場所にはよってはモバイクでも良いかも。

公園はキレイに整備そして広い

もっと駅から近い入口もあるのですが、より入り口らしいこちらから入ってみました!

蓮花山公園

入り口付近ではキレイに花壇が作られていますね。

蓮花山公園 蓮花山公園

高層ビルと公園。

蓮花山公園

深センは公園が多く、緑も多くてうらやましいです。

公園も一つ一つがめちゃめちゃデカイんです。

地元大阪のうめきた2期で緑地を作るということですが、ちょっと狭すぎて…。

計画的に造られた街深センの良い点ですかね。

山頂までの所要時間

蓮花山公園に訪れる人の大きな目的が、山頂まで登ってそこからの深センの町並みをみることですよね!

山頂といっても高さ106mと山というより丘という感じなので、山登りに自信がない方でも、手軽に頂上まで行くことができます。

時間があればこのように広い公園ですので、ゆったりと園内で過ごすのも悪くないですね!

蓮花山公園

山頂に行くのはいろんなルートがありますが、私はこんな階段を登って行きました。

蓮花山公園 蓮花山公園

舗装されて整備されているので、中国のローカルの町並みでありがちな靴が汚れることもありませんね。

歩くこと脚力にもよるでしょうが、だいたい20~30分ぐらいで山頂に到着するでしょう。

日頃運動不足の人にとっては、ちょっとしんどい距離かもしれませんが良い運動になるはず。

私はほぼ徹夜でバックパックを担いでいたんで、だいたいの人は大丈夫でしょう。

こちらの階段を上がれば山頂になるようです。

蓮花山公園

途中水やちょっとした食料なども売っているので手ぶらでも行っても大丈夫かもです。

山頂からの景色と鄧小平の銅像

山頂からの景色は、ガイドブックなどでも必ず紹介されるような深センの光景です。

蓮花山公園

福田の超高層ビル群がキレイに見えますね!

ちょっとモヤがかかったようでスッキリとしないのが中国らしいですかね。

こっちは電気街の華強北がある方向です

蓮花山公園

こちらは南山の方向ですね。

蓮花山公園

前の花がキレイで映えるので、後ろのモヤがかかった遠景は脇役みたい。

逆光気味でもありますし…。 ←言い訳w

このビル群を臨むような場所に鄧小平の銅像が立っています。

蓮花山公園

深センはほんの40年前では貧しい漁村にすぎなかったのですが、鄧小平の改革開放政策によって劇的な変化を遂げました。

漁村時代の人口ですがわずか3万人ともいわれています(゚∀゚)

その貧しい村が、人口1000万人を超える大都市となるわけですから、成り上がり都市の代名詞のような場所が深センです。

その軌跡の発展を起こしたのが鄧小平の政策なわけですから、深センでは鄧小平は人気があるみたい。

他の場所でも鄧小平の大きな看板をみたこともあります。

子供が遊ぶ姿も

しばらく山頂でいた後は、下山します。

こちらの芝生が広がる場所では、子どもたちが凧揚げで遊んでいます。

蓮花山公園

中国の凧はデカイんです!

中国・それも深センだから凧ではなくドローンを飛ばす人もいるのかと思いましたが、それはありませんでした。

飛行可能エリアでも、人がたくさんいる場所ではドローンを飛ばすことはできないようです。

ちなみに上の写真のビルは少しあべのハルカスに似ているかも、そして芝生はてんしばなんて感じもしなくもないです。

しないか…。

この後は、少年宮駅から地下鉄3号線で、こちらのホテルに行っても良かったのですが、お隣の华新駅でいったん降りて電気街へ。

【宿泊記】アロフト東莞ダイナミックタウン 修行用ホテルで地下鉄駅からバスも利用できるが…

【宿泊記】アロフト東莞ダイナミックタウン 近くの安食堂とロビー周辺を紹介

後の苦労を考えると、直接行ったほうが良かったかも^^;

夜景も美しそうですし、今度は夕方から夜にかけて蓮花山公園に来てみたいです。

まとめ

  • 蓮花山公園の最寄り駅は少年宮駅、駅から近いので地下鉄でのアクセスがオススメ
  • 少し歩くが市民中心駅からもアクセス可能
  • 公園周辺はモバイクの駐輪禁止区域ではないのでモバイクで来るのも悪くない
  • 高さが106mと低く、山頂までは20~30分で到着する
  • 途中で水や食料を販売する人もいたので手ぶらでもイケそう
  • 園内は広いので1日遊ぶことも可能
  • 芝生で凧揚げをしているがドローンを飛ばすのは難しそう
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です