マニラからバタンガスの行き方 所要時間と料金

バタンガス

スポンサーリンク


バタンガスはフィリピンの首都マニラがあるルソン島の南端付近の街で、港から穴場ビーチのプエルトガレラへ向かうフェリーやボートのゲートウェイになります。

マニラのバスターミナルからはバスで行くことになりますが、できるだけ快適に行く方法や、逆にできるだけ安く行く方法など様々な手段について調べてみました。

スポンサーリンク



マニラからバタンガスの行き方について

バタンガスは、マニラから日帰りでもビーチリゾートを楽しめる場所ですが、ルソン島のお隣のミンドロ島に渡るフェリーやボートが発着する場所として多くの人で賑わいます。

さらに船に乗ることで、ダイビングやアイランドホッピングなどより美しい海を楽しむことができます。

バタンガスはこちら

バタンガスでビーチリゾートを楽しむ人なら、マニラからバタンガスまでバスで約2時間。

さらにバタンガスからミンドロ島のプエルトガレラまで行くのなら、ボートに乗って約1時間という感じになります。

お金より時間を重視するというなら、タクシーの利用がやっぱり便利。

ただ「旅費を節約したい」、「現地の人と同じような行動をしたい」というのならバスでバタンガスまで向かうのがオススメです。

バタンガスさらにプエルトガレラまで行くことも考えて、バスでの移動ですが次の2つの方法があります。

・ツアーガイドの案内もついたバスとボートを乗り継ぐ方法
・安いローカルバスで行く方法

それぞれの行き方について詳しく紹介しますね。

ツアーガイドの案内もついたバスとボートを乗り継ぐ方法

エルミタのシティステイトホテル(City State Hotel)を出発するバスに乗って行く方法がこちらのリンクで紹介をされています。

How To Get To Puerto Galera The Simple Way

ローカルの人が利用する安いバスで移動するのはバスターミナル出発し、初めての海外やフィリピン旅行の人にとっては少々ハードルが高いです。

ただ、こちらの方法ならホテルからバスが出るので比較的用意に移動できますね。

しかもツアーガイドがバタンガスの港でバスからボートに乗り継ぐのにも案内をしてくれるので、迷うこともないはずです。

8:45にバスが出て、プエルトガレラのムエレ( Muelle )の港に午後2時頃到着予定になっています。

https://www.pgyc.org/Images/Cruising/HTGH_Simple.pdf

時間、料金

区間 マニラ シティステイトホテル(City State Hotel, Ermita)~プエルトガレラムエレ港(Muelle Pier)

時間 8:45出発~14:00到着予定

料金 片道 900ペソ 往復 1700ペソ

備考 ツアーガイド付、ターミナルフィー30ペソとプエルトガレラ環境保全料金50ペソは別途必要

こちらの方法を利用するとプエルトガレラまでの料金になりますので、目的地がバタンガスの場合はローカルバスを利用すると良いでしょう。

安いローカルバスで行く方法

安いローカルバスを使う方法ですが、JAMトランジット社(JAM Transit)・JACライナー社(JAC Liner)という2つのバス会社がバタンガスまでのバスを運行しています。

バス会社は異なりますが、両方とも「LRT・ヒルプヤット駅/Gil Puyat」のすぐ近くにあるバスターミナルから乗車することになります。

ただ、2つのバス会社が微妙に異なるところから、バスは出発することになります。


どちらのバス会社を選んでも運賃や所要時間、車両は大差ありません。エアコン付きの車両で、Wifi付きの車両もあります。

ただし、Wifiはあまり期待できるスピーでありませんし、エアコンはアジアの国でありがちなめちゃくちゃ効きすぎて寒いので羽織る物があれば良いでしょう。

運賃はバタンガスまで160ペソ前後です。

バスターミナルから到着まで

ギルプヤット( Gil Puyat )駅のすぐそばですので、LRTの利用が便利です。

タクシーでも良いですが、時間帯によっては渋滞する時もありますし、お金も余計にかかりますからLRTがオススメです。

LRTの乗り方などの情報はこちらのページで紹介をしています。

マニラの電車(MRT・LRT)の利用法 治安や料金、乗車方法など徹底解説

バスターミナルに到着すると、日本人の感覚ですと乗車券を購入するという感じですが、乗車券はバスの中で購入することになります。←アジアの国々ではよくあります。

バスターミナルではたくさんのバスが並んでいますので、どのバスに乗ったら良いのかわからないかもしれません。

そんな時は、「Batangas Pier?」と言ってスタッフらしき人に聞けば、ちゃんと教えてくれます。

英語が不安という人は、これを持っていけば安心です。

食事の場所で使うとウケて人気になる時もあるので、ローカルの人達と交流するのにも役立つことがありますよ!

また、運転席正面に行き先が書かれたボードが貼ってあるので確認してから乗車すると良いでしょう。

聞くだけだとなんだか難しそうですが、行ってみて実際に乗車してみると簡単に感じるはずです。「案ずるより産むが易し」ということですね。

バタンガスまでのバスは1時間に2本程度とわりと頻繁にありますので、乗るバスがなかなか来なくてなんて不安を感じる時もありません。

バスに乗車すると、しばらくすると係員が行き先を聞きます。「Batangas Pier」と伝えて乗車券をもらいます。

その後、係員が運賃を集めにきますので、チケットを見せてお金を払えば完了です。

あとは、のんびり到着まで過ごしましょう。所要時間は約2時間。

途中でバタンガスの公共バスターミナルでバスが止まりますが、バタンガスまでの人は、宿泊のホテルなどによってはここで降りると良いでしょう。

その後、バタンガスの港まで行くので、プエルトガレラに向かう人は港で降りましょう。

以上がバダンガスまでの行き方の紹介でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です