羽田空港国内線パワーラウンジセントラルを到着時に利用してみた 青汁豆乳は美味

パワーラウンジでトマトジュース

スポンサーリンク


日本最大のエアポートである羽田空港には様々なラウンジがあります。

ANAが発着する第2ターミナルの保安検査場通過前に、出発・到着を問わず利用できるラウンジがあります。

リニューアルされた「POWER LOUNGE CENTRAL(パワーラウンジセントラル)」がそのラウンジです。

リニューアルされ、お洒落な空間になったこのラウンジに到着時に利用してみました。

スポンサーリンク



羽田空港 POWER LOUNGEとは?

羽田空港の有料ラウンジには、かつて「エアポートラウンジ」がありました。

その「エアポートラウンジ」がリニューアルされ、新たにオープンしたのが「POWER LOUNGE」です。

ラウンジにはパワーラウンジのような「カードラウンジ」と航空会社のエリート会員が利用できる航空会社直営のラウンジがあります。

通常は航空会社直営のラウンジが豪華で、カードラウンジは空港によっては単なる待合所みたいな所もあります。

パワーラウンジは、航空会社直営のラウンジにも引けを取らないラウンジで、ANAの上級会員でもちょっと使ってみたいという気にさせてくれます。

パワーラウンジの場所

羽田空港のパワーラウンジは、国内線第1ターミナルと第2ターミナルに複数あります。

出発ターミナルや到着時などシチュエーションに合わせて利用することができます。

こちらがJALが発着する第1ターミナルのラウンジ位置です。

パワーラウンジ場所

出典 日本空港ビルデング株式会社

こちらがANAが発着する第2ターミナルのラウンジ位置になります。

パワーラウンジ場所

出典 日本空港ビルデング株式会社

出発ゲートによっては、ラウンジから遠い場合もありますので、乗り遅れたり、名前が空港中に呼ばれることがないように注意しましょう(笑)

私が今回利用したのが、第2ターミナルの荷物検査場の手前、一般エリア3Fの「POWER LOUNGE CENTRAL」です。

1Fが到着フロア、2Fが出発フロア、3Fがレストランなどが並ぶフロアです。そのフロアの北側奥にあります。

パワーラウンジセントラルの利用料金と営業時間

パワーラウンジの利用料金(税込み金額)は以下のようになります。

  • 1名 1,080円
  • 4歳~12歳 540円
  • 0歳~3歳 無料

 

営業時間は、6:00~20:00まで。なおシャワーは有料で30分1,080円でちょと高いですね。

パワーラウンジを無料で利用する

本人名義の以下のカードの提示で、当日の搭乗内容を証明するものがあればパワーラウンジを無料で利用できます。

利用できるカード

出典 日本空港ビルデング株式会社

海外発行など一部利用できないカードもあります。

シャワーを利用する場合は別途1,080円が必要。シャワーも無料になると、夏はたぶん大混雑でしょうw

同伴者は?

パワーラウンジを利用するとしても、同伴者はどうなのでしょうか?

自分は無料で利用できても、同伴者が有料だと、「カフェにしない?」ということもあるかもしれません。

「俺ラウンジ行くから、時間になったら〇〇で待っとく」なんてこともなかなかできませんし…。

残念ながら同伴者は、上記のカードのほとんどが有料になります。つまり大人なら1,080円、4歳~12歳なら540円が必要です。

同伴者も無料にしたいということであれば、アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

ただし、アメックスでも一部のカードは同伴者も無料にできませんので注意です。

パワーラウンジの到着時の利用

カードラウンジは、一般エリアにある場合は出発時だけでなく、到着時に利用することが多いです。

羽田空港のパワーラウンジの場合はどうなのでしょうか?

保安検査場を通過したエアサイドの場合は、第1ターミナルと第2ターミナルで利用ができるかどうかが変わります。

  • 第1ターミナル → 到着時も利用できる
  • 第2ターミナル → 到着時は利用できない

 

つまり、大雑把に言うとJALに乗ってきた人は、エアサイドのパワーラウンジを到着時も利用できます。

しかし、ANAに乗ってきた人は到着時は基本的に利用できません。

なぜ、このような違いになるかというと、両ターミナルの構造の違いによるからです。

つまり、第1ターミナルは出発と到着が同じフロアになっているのですが、第2ターミナル到着と出発が交わらないように別フロアになっています。

そして、パワーラウンジは出発フロアに位置しているため、第2ターミナルの場合は利用で機ないわけです。

基本的に空港のラウンジは出発客を対象としていますから、仕方ない面はありますよね。

JALやANAの国内線ラウンジだって、基本的に出発時のみしか利用できませんから。

ただ、エアサイドはダメでも、保安検査場の通過前の一般エリアなら、自由に行き来できることもあり、ラウンジによっては到着時も利用ができます。

そして、羽田空港でも一般エリアにあるパワーラウンジセントラルは第1ターミナルと第2ターミナルともに到着時に利用が可能です。

パワーラウンジセントラルを到着時に利用してみた

ANAで伊丹空港から羽田までのフライトの際に、第2ターミナルのパワーラウンジセントラルを利用してみました。

到着ゲートによっては、けっこう歩く必要があるので、訪れるかどうかを迷います^^;

内部の様子です。無料で飲めるソフトドリンク用のカップやグラスがズラッと並びます。

パワーラウンジ内部

コーヒーマシーンです。美味しい珈琲が飲めると評判も良いです。

パワーラウンジ内部

画像中央のジューサーバーは、手前からトマト、オレンジ、アップルです。

パワーラウンジ内部

お洒落なボトルに入ったドリンクが並びます。一番左のビールは有料です。

パワーラウンジ内部

右からアイスコーヒー、牛乳、青汁豆乳、水になりますが、なかなか絵になりますね~

このボトルは、キャップを開けることなくドリンクを注ぐことができて便利です。

知らないとキャップを探す人が、もしかしているかもですが(笑)

ゆったりとした空間で、お洒落な雰囲気があります。

パワーラウンジ内部

出発エリアのように、飛行機を見ながら、ゆったりとくつろぐことができないのは残念ですが。

カウンターもこのように広々で、小さな手荷物を置くスペースもあります。

パワーラウンジ内部

各座席にはこのようにコンセントも用意されているので、スマホやパソコンの充電ももちろんできます。

パワーラウンジ内部

このような大きなテーブルもありますので、グループの利用でも大丈夫ですね。

パワーラウンジ内部

ANAを利用した場合、エアサイドではカードラウンジを利用することができません。

しかし、パワーラウンジセントラルなら、一般エリアにありますので、到着時でも利用できます。

到着からリムジンバスの出発まで時間があるような場合に、ラウンジで時間つぶしができて重宝します。

ラウンジを使った感想は?

ANAを利用する際には、SFCの私はカードラウンジは到着時の利用が多くなります。

パワーラウンジは、他のどの空港のカードラウンジと比べてもお洒落なラウンジだと思います。

特に良いのは、朝の時間帯の無料のクロワッサンもありますが、オススメは青汁豆乳。

青汁は苦くて飲みにくいですが、ここの青汁豆乳はとてもマイルドで飲みやすいです。

トマトジュースとともに、健康的に何杯も飲みたいドリンクですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です