楽天PAY(楽天ペイ)の特徴 ポイントの貯め方や使い方 メリットはある?

楽天ペイ

スポンサーリンク


私はキャッシュレス派ですが、クレジットカードや電子マネーを利用するのでスマホ決済サービスはあまり利用しません。

ただ現金で支払っても得をすることがないので、生活の支出すべてをキャッシュレス化したいと思っています。

そうするとクレジットカードや電子マネーが使えない所もあり、そんなところでスマホ決済ができるなら利用したいです。

楽天経済園を活用すると楽天PAYに注目するのですが、特徴についてポイントの貯め方や使い方をまとめてみました。

スポンサーリンク



楽天PAY(楽天ペイ)とは?

楽天PAY(楽天ペイ)は、楽天グループが運営するスマホ決済サービスです。

スマホ決済サービスですから、QRコードをかざすか提示されたQRコードを読み取るだけなのでサクッと決済ができるのが魅力。

利用には楽天会員の登録が必要なので、まだ楽天に入会をしていない人はこちらから登録をしましょう。

楽天ペイをお得に利用するのなら、楽天カードは必須。

楽天経済圏でポイントだけで生活することだって夢じゃないですよ!

楽天ペイの使い方

楽天ペイを使うにはまずはアプリをダウンロードをしなければなりません。

アプリはAndroid、iOSとも対応しており、ダウンロードをして設定・登録をすればすぐに利用することができます。

アプリをダウンロードした後は、楽天会員IDとパスワード入力してログイン。

ログイン後はクレジットカード登録とポイント利用設定をするだけです。

ポイント利用設定について

ポイント利用設定では、期間限定ポイントや楽天キャシュを利用するかどうかを決める事ができます。

設定は次の3つから選びます。

  • 使わない
  • すべて使う
  • 設定した額まで使う

 

ポイント、特に期間限定ポイントを有効活用するのならポイント利用も良いでしょう。

私の場合は基本的にはクレジットカードのポイントもついて二重取りになるので、ポイントを使わないようにしています。

ポイントはどのように使うかというと、通常ポイントは楽天カードの支払いや楽天証券での利用が多いです。

期間限定ポイントは楽天の買い物や楽天ポイントで消費をしています。

楽天ペイのポイントの貯め方

楽天ペイはスマホ内で精算が完了をしますが、支払い時に200円につき1楽天ポイントが自動に貯まります。

これだけだとお得度が物足りないですが、クレジットカードでチャージをすることでクレジットカードのポイントも貯まり二重にお得です。

クレジットカードは楽天カードでチャージなら楽天ポイントが貯まりますし、別のクレカを使えばそのクレカのポイントが貯まります。

ポイントカードの提示でさらにポイントが貯まる場合も

ポイントカードを提示することでポイントが貯まるお店がありますよね!

例えばローソンですが、dポイントカードやPontaカードを提示することで、それぞれdポイントやPontaポイントが貯まります。

さらに楽天ペイで支払うことで楽天ポイントが貯まり、登録されたクレジットカードのチャージでクレジットカードのポイントが貯まります。

楽天ペイのメリット

楽天ペイを利用することで様々なメリットがあります。

ポイントが貯まりやすい

楽天ペイのメリットは、なんといってもポイントの貯まりやすさです。

登録のクレジットカードのチャージでポイントが貯まるのが嬉しい点ですね!

スマホ決済サービスによってはクレジットカードでチャージできないものもありますし、自社のクレカしかダメという場合もあります。

チャージできるカードが限定されると、そのカードが日頃から使っていれば問題がないですが、そのタメに新たに作るとなるとちょっと考えもの。

わざわざスマホ決済のためだけにクレジットカードのポイントを貯めるのは非効率になりがちですしね^^;

楽天ペイは楽天カードはもちろん、一般のクレジットカードも登録できて、チャージでポイントが貯まるのは大きなメリットです。

楽天ポイントの有効活用

普段楽天経済圏で楽天ポイントをたくさん貯めている方にとっては、ポイントの使い道、特に期間限定のポイントについて悩みがちなんてこともあります。

楽天ペイでポイントを使う設定にしておけば、ポイントを消費できるので新たにお金を使わなくて良くなります。

確かにポイントを使うのは余計にお金をかからなくて良いのですが、やや残念ね点もあります。

楽天ペイの加盟店は少ない

楽天ペイの加盟店は、クレジットカードや電子マネーと比べると圧倒的に少ないのが現状です。

また、他のスマホ決済サービスと比べてもやや見劣りする感じもします。

代表的な加盟店はこんな所があります。

楽天ペイ加盟店

出典 楽天グループ

日常誰でも良く使うスーパーが入っていないのはちょっと残念ですね(*_*)

近所のスーパーでは、PayPayやLineペイは使えたりしますから。

できれば今までキャッシュレスに対応していなかったお店が、楽天ペイが使えるようになったらありがたいのですがね。

楽天ポイントなら楽天ポイントカーでも、期間限定ポイントを消費できますから、どこで使えるかを見極めてポイントの有効活用をはかりたいところです。

私はダイコクドラッグの激安商品を狙ってポイントを消費する時もたまにあります。

まとめ

楽天経済圏にどっぷりハマっている人にとっては、楽天ペイでさらに経済圏を有効に活用したいところでしょう。

加盟店はまだ少ないものの、クレジットカードのチャージ分もポイントが貯まるのは魅力。

お店もキャッシュレス決済のメリットを感じて、どんどん導入してほしいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です