フィリピン・マニラでジプニーにテキトーに乗ってLRTでイントラムロスへ

マニラジプニー

スポンサーリンク


アジアのバスなどローカルの交通手段はわかりにくいものが多いです。

フィリピンのジプニーはそもそもどこへ行くのかもさっぱりわかりません(*_*)

よくわからんジプニーですが、ホテルからイントラムロスへ向かうのにLRTの駅まで距離があるので、テキトーにジプニーに乗ってみました。

スポンサーリンク



マニラのジプニーは難易度が高い

プエルトガレラのサバンビーチからムリエ港に行くのにジプニーを利用しましたが、島で行き先があまりややこしくないのでそれほど難しくありません。

プエルトガレラからマニラへフェリーとローカルバスで移動 出発時間とトイレはどうする?

一方大都会マニラのジプニーはいろんな行き先がありますし、乗り方や作法があるのでかなり難易度は高いです^^;

乗りこなすのも難しいので、それほど乗ることもないだろうと思っていたのですが、ホテルからLRTのGil Puyat駅に行くのにちょっと乗ってみたくなりました(≧▽≦)

ホテルの位置とGil Puyat駅

宿泊したホテルからGil Puyat駅の位置関係はこんな感じ。

BUENDIAアベニュー

右の赤く示した所がホテルで、左がGil Puyat駅。

およそ2kmほど離れていて微妙な距離です。

ちなみにプエルトガレラからバスで帰ってきた時に、Gil Puyat駅からホテルまでは歩いてきています。

途中ストリートチルドレンがまたポケットに手をつっこんできましたが、奴らの対応もだいぶん慣れてきました!

【スリ被害】マニラのストリートチルドレンにスマホをやられた

マニラで泊まったホテル(安宿)はこちら。

【宿泊記】AMAX INN Makati マカティ・グリーンベルトに徒歩で行ける安宿

すでに通ってきた道ですし、ブエンディア・アベニューを真っ直ぐ行くだけなので簡単。

ジプニービギナーにはぴったりかも!

BUENDIAアベニューとCHINO ROCESアベニューが交わる交差点辺りで数台のジプニーが泊まっていたので、「Gil Puyat?」と聞いて乗り込みました。

一番奥の方に座り運転手さんに行き先を告げてお金を渡しました。

マニラジプニー

硬貨ばかりで渡し、多めに払ったのか5ペソ返してくれました!

人柄が良さそうな運転手さんでした(≧▽≦)

ピンぼけしているけどジプニーの車内の様子。

マニラジプニー

このジプニーの客層は特に悪くなく、真面目そうな人が多い印象。

なんか子供が乗り込んできて、変なドラえもんの紙を配ってきた。

マニラジプニー

何やろねこれは?

とりあえず周りの行動を真似して、自分もこれに触れずに無視した。

しばらく経つと少年がこの紙を回収していった。

なんかのチラシだろうか??

前方に見えるジプニーでは、誰かが楽器を演奏しているよ。

マニラジプニー

勝手に乗り込んできて、頼みもしない音楽を演奏してチップを得ようということかな?

何でもありですアジアはww

2kmぐらいしかないのですぐに到着! 途中で右折か左折をしてどっか違う所に行かないのか多少心配だった^^;

ジプニーは道の端に止まるのではなく、4車線の中央に止まる場合もありますw

マニラジプニー

信号のない4車線のBUENDIAアベニューをビビりながら渡り、 Gil Puyat駅へ向かいます。

満員のLRTに乗る

Gil Puyat駅でLRTに乗って、イントラムロスの最寄り駅の「United Nations」まで行きます。

マニラのLRT/MRTの基本的な情報はこちら。

マニラの電車(MRT・LRT)の利用法 治安や料金、乗車方法など徹底解説

まずは荷物検査。

マニラLRT

続いてこちらのカウンターで乗車カードを購入します。

マニラLRT

窓口で目的の駅を告げてお金を払い、乗車カードを渡してくれます。

乗車カードをもらったら改札へ進みます。

マニラLRT

乗車カードはタッチ式になっているので、タッチする部分にかざします。遊園地の出口みたいに改札機についているバーを押して入場します。

マニラLRT

なお、出口では乗車カードの挿入口があるので、そこに乗車カードを入れるとバーを押せるようになり、改札外へ出られます。

駅構内の様子。ホームや改札は方面ごとになっているので間違って階段を登ると、また降りて正しい所へ行く必要があります。

マニラLRT

高架駅からさっき渡ったBUENDIAアベニューをのぞむ。

マニラLRT

よく信号なしで渡ってこれたなと実感w

歩道橋もあるので、歩道橋を使う方が無難ですね~

ちなみにLRT は、こんな感じで満員電車でした^^;

マニラLRT

スリ防止でかばんは写真左の人のように胸で持つ方が無難です。

リサール公園を抜けてイントラムロスへ

United Nations駅を降りると大きなリサール公園が広がります。

リサール公園の北側がイントラムロスです。

公園の入り口。

リサール公園

国立博物館は立派な建物。

リサール公園

失礼ですがフィリピンらしくありません。

リサール公園

どなたかフィリピンの英雄なんでしょう。

リサール公園

なんか南国の良い雰囲気ですね!

リサール公園

城壁が見えました!壁の向こうがイントラムロスになります。

リサール公園

リサール公園を歩いてると、ここはまるでシンガポールにいるような気にもなりますね!

イントラムロスへ

イントラムロスに足を踏み入れるとそこは別世界の光景が広がります。

イントラムロス

まるでヨーロッパのような感じです(≧▽≦)

イントラムロス

キレイな建物がいっぱいあります。

イントラムロス

古そうで歴史を感じる建物。

イントラムロス

石畳の道路を見るとここがフィリピンだということを忘れてしまいそう。

イントラムロス

イントラムロスに足早に(といってもジプニーとLRTを乗り継いで来てますがw) 向かった理由は、あるツアーに参加するためなんです。

そのツアーの様子は次回に紹介をしますね!

まとめ

  • フィリピン・マニラのジプニーを使いこなすのは旅行者には難易度が高い。
  • BUENDIAアベニューをまっすぐ進むだけなら簡単なので試しにテキトーにジプニーに乗ってみた。
  • 私が乗ったジプニーの客層は思ったより真面目そうな人が多かった。
  • LRTやMRTの車内は混雑している場合が多い。
  • United Nations駅からイントラムロスまでの間には大きなリサール公園がある。
  • United Nations駅からイントラムロスは地図で見るよりかなり遠く感じる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です