香港中環の大館(TAI KWUN) 無料ツアー・フリーノマドもできます

大館

スポンサーリンク


香港中環の新スポットで人気の大館(TAI KWUN)に行ってきました!

こちらに最初から行こうと思っていたわけではなく、ヒルサイド・エスカレーターを利用している途中にちょっと寄り道をしました!

私の好きな歴史的建築物がありますし、お洒落で多くの人が楽しめそうな場所です。

大館はちょっと高そうなレストランやカフェが多いのですが、無料でノマドをできる所もあり快適にブログを書くこともできます。

さらに今回は行けなかったですが、英語の無料ガイドツアーもあり観光と英会話の勉強にも役立ちそうです。

スポンサーリンク



大館(TAI KWUN)はこんなところ

大館(TAI KWUN)は、2018年5月にオープンをした香港の新しいランドマーク的存在。

新しいスポットだからと言っても、何もない場所を開発した施設ではなく、ここにはかつて19世紀に建てられたセントラル警察署などがありました。

その古い建物を再生して、歴史とアートの施設として生まれ変わったのが大館です。

日本でも近代建築を再生して新たな観光スポットなどに生まれ変わる例はいくつかありますが、香港でも同じようなことが行われているわけです。

大館へのアクセス

大館への行き方ですが、観光スポットにもなっている「ヒルサイド・エスカレーター」を利用すると迷わず簡単に行くことができます。

ヒルサイド・エスカレーターの出発点はこの辺り。

そして大館はここ。

香港名物のこの長く続くエスカレータの途中に大館はあるわけですが、現在はちょっと工事中の箇所が所々あります。

ヒルサイド・エスカレーター ヒルサイド・エスカレーター ヒルサイド・エスカレーター ヒルサイド・エスカレーター

工事中の場所は階段を上がる必要があるため、普段よりも体力を使うことになるでしょう。

ヒルサイド・エスカレーター

ヒルサイド・エスカレーターをどんどん上がっていき、こちらの階段を上がるとそこはもう大館です。

大館

看板も掲げられているので分かると思いますが、他のことに夢中で見逃さないように!

お洒落な大館

大館は、単に古い建物を観るだけのスポットではなく、お洒落に再生をされていてちょっと訪れるだけでも満足ができる場所です。

こんな感じ。背後が香港らしい高層ビル群があるのがギャップが大きく、こちらの魅力を高めるかも。大館 大館 大館通りからはこんな感じの外観になっており重厚感があります。

大館

香港の中環付近はこのような古い建築物がたくさんありますので、それらの建物とあわせて見てまわるのも面白そうですね!

大館にレストランやカフェ

大館は古い建物を見物するだけでなく、歴史的な建築物の中がレストランやカフェになっていたりします。

建物の前がオープンカフェになっていたりします。

大館

写真写りが悪くてハッキリとはしないですが、ドリンクはHK$30程度、軽食ぽいのがHK$50程度くらいからありますね。

大館

まあ、手が出ないほどでもないですが、何分前日まで中国で10元ちょっとの飯を食べてた身としては高い気がするw

ハッピーアワーもあるみたいですが…。

大館

大館の雰囲気の中、お茶を飲んだりランチを食べるのは気持ちが良いですし、いつかは試してみたいです!

なんか飲茶も食べられるみたいですが、飲茶は街中のお店の方が良いかな。

無料でノマドしてみた

大館のカフェでノマドも良いのですが、ここにはこんなチェアーが(≧▽≦)

大館 大館

ダラ~ンとした感じが心地良さそうで、ちょっとのんびりスマホやパソコンを使うのはちょうど良さそう!

そこでこちらでフリーノマドしてみました(笑)

大館

好きな古い建築物を眺めながら、今にも寝てしまいそうなチェアでノマドるのは最高!!

大館

やや作業能率は悪いですが、アイデアなんかが浮かんできそうな気がします!

しかも大館のフリーwifiも使えるので言うことなし(≧▽≦)

大館

充電満タンのPCと飲み物でも買っておいて、こちらへ来てみてください!

英語の無料ガイドツアーもある

帰国してから知ったのですが、大館には館内を案内してくれる無料のガイドツアーがあります。

予約はこちらでできますが、現在は新型コロナウィルスの影響もあって当面の間はガイドツアーやイベントなども一時休止になっています。

こういう英語のガイドツアーは英語の勉強にもなりますし、現地の事情も知れるし、教養も身につけることができて参加する価値が高いです。

私はフィリピン・マニラに言った際にはこんなツアーに参加をしましたが、満足度が非常に高かったです!

Bambike Ecotours(バンバイクエコツアー)は超オススメ 竹製の自転車でめぐるイントラムロス

香港は当面行けないかもしれませんが、次に行く時は大館のガイドツアーは必ず行こうと思います。

中庭でしばらくノマドをした後は、大館を簡単に見て回りました。

大館 大館

この後は再びヒルサイド・エスカレーターに乗ってヴィクトリア・ピークへと向かいます。

まとめ

  • 大館(TAI KWUN)は、2018年5月にオープンをした香港の新しいランドマーク的存在
  • 古い建物を再生して、歴史とアートの施設として再生したお洒落スポット
  • 大館への行き方は、「ヒルサイド・エスカレーター」を利用が簡単でオススメ
  • ヒルサイド・エスカレーターは現在工事中の所もあり、所々で階段を上る必要あり
  • 大館のカフェではドリンクはHK$30程度、軽食ぽいのがHK$50程度くらいからある
  • 中庭に居眠りができそうなチェアが並べられていて誰でも利用できる
  • 中庭でも無料Wifiがあり椅子に座ってノマドも可
  • 無料ガイドツアーは英語と広東語で日本語はない
  • 2020年2月現在ガイドツアーなどイベントは新型コロナウィルスの影響で中止している模様
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です